• DIGITALIST
  • Articles
  • 世界に拡大!払わずに「買う」顧客体験を総ざらい
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Business 公開日: 2019.02.25

世界に拡大!払わずに「買う」顧客体験を総ざらい

お気に入り

店舗に入り、商品棚から欲しい品物を選び、バッグに入れて店を出る。レジでお金を払わずに買える体験は、店舗の在り方をどう変えるのだろう。

 Amzon.comが本社のある米国シアトルに、レジ無し店舗「Amazon Go」を開店したのが2018年1月。その様子を紹介した映像で、来店客が商品の陳列棚から次々に商品を選び、自分のバッグに入れて「会計もせずに」出て行ってしまうシーンに驚いた人も多かっただろう。それから、約1年が経過し、米国、中国、そして日本国内でも、コンビニエンスストアなど小売業とスタートアップを中心に、レジ無し店舗を開店する動きが活発化している。

 これらの店舗で共通していることは、AI(人工知能)、カメラ、スキャナーなどを活用し、買い物客がどの商品を手にとったか、その商品を棚に戻したのか、あるいはポケットやバッグに入れたなのかまでを認識していること。会計時に、セルフレジのように商品をスキャンする必要のない「Just Walk Out」のシステムで、決済を意識することのない「フリクションレス(手間がかからない)体験」を提供できる。

Amazon Go以降、続々登場のレジ無し店舗

 Amazon Goの第1号店開店以降、米国では、スタートアップを中心に無人店舗の開店が続いた。一例を紹介すると、AI(人工知能)を活用した小売店の無人化システムを手がけるStandard Cognitionが、2018年9月に直営店「Standard Market」をサンフランシスコ市内にオープン。同社のレジ無人化システムの「Standard Checkout」を導入し、Amazon Goと同様に、来店客が欲しい商品を手に取って店舗から出て行くだけで買い物ができるJust Walk Outを実現している。

 無人店舗のシステムを開発するスタートアップの取り組みも活発だ。サンフランシスコを拠点とするZippinも、Just Walk Outのシステムを開発し、2018年8月にはサンフランシスコに無人コンビニ1号店を開店した。
 また、サンフランシスコ郊外のマウンテン・ビューにあるInokyoは、Just Walk Outのシステムでありながら、「何もせずに店を出るのは気が引ける」という人のために、あえてスマートフォンのアプリによるスキャンを組み合わせたシステムを開発している。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。