• DIGITALIST
  • Articles
  • 「ソフトウエアサービスの会社になる」フォルクスワーゲンCEOが語る、攻めのオンライン戦略
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Business 公開日: 2021.08.23

「ソフトウエアサービスの会社になる」フォルクスワーゲンCEOが語る、攻めのオンライン戦略

お気に入り

ソフトウエアの開発に比重を置くことを発表したフォルクスワーゲン。その狙いとは。

 新たな価値創造と市場での競争に勝つために、「ソフトウエアの開発こそが基本」、そう発表したのは、ドイツのフォルクスワーゲン本社だ。

 同社は、2021年6月にオンラインで「Software Offensive」(ソフトウエア攻勢といった意)なる記者発表を実施。そこで、社内にテックカンパニーまで組織し、ソフトウエア開発を積極的に、かつ迅速に行って、クルマづくりに変革を起こしていくことを明らかにした。

 日本では2021年6月15日に、東京都内の会場と、同時にオンライン中継を使い、大々的に新世代の8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を発表したフォルクスワーゲン(以下VW)。
マイルドハイブリッド化とともにエンジンがダウンサイジングされたゴルフ8
 このゴルフ8でも、10インチ液晶モニターを2基備えた上、10年間無償の通信ソフトウエア「We Connect」など、デジタル技術とコネクト技術を大々的に採用したのが注目的だ。
ゴルフ8 には10インチのモニターが標準で備わり、コネクティビティーが高められている
 本国では、ゴルフ8とタイミングをほぼ同じくして、ピュアEVの「ID.(アイディー)」シリーズが走り出している。ハッチバックタイプのID.3、SUVのID.4 、さらにスポーティーに仕立てたID.4GTXと、ラインナップは速いペースで拡充中だ。日本にも22年以降導入計画を進めていると日本法人ではする。

 VWが現時点で提供するソフトウエアにまつわるサービスは、「Volkswagen We」と総称されるもの。ベルリンなどで始まったカーシェア「We Share」は専用の電気自動車を使い、スマートフォンを介してサービスが提供される。
交通規制などのリアルタイム情報も、同じ道を走る車両からの情報を統合して提供されるイメージ図
 新型コロナウイルス感染症の影響でしばらく足踏み状態だったものの、「これからはイタリアやスペインでも展開します」とオンラインで登場した担当者は話していた。

 「We Charge」はドイツを中心に欧州各地で展開する電気自動車の充電ネットワークサービスだ。20万基におよぶ充電器を使い、支払いはスマートフォンで済ませるなど、こちらも使いやすさを念頭に置いたソフトウエアをセリングポイントにしている。

 「魅力あるハードウエアと、通信システムなどと合体したインテリジェントなソフトウエアを、VW車を特徴づける2本の柱としていきます」。オンラインで登場したマーケティング担当取締役クラウス・ツェルマー氏は語っている。

 ソフトウエアというと、現在は、通信によって車両の性能を司るコンピューターをアップデートする「Over The Air(オーバージエア)」が取り沙汰される。日本のメーカーもその重要性を口にする。

 とりわけVWでは、ID.シリーズに「ICAS(In-Car Application Server)」と名づけた高性能コンピューターを搭載。オーバージエアによる車両のファームウエアアップデートがより効率的に行われ、性能アップやバグの除去などが、ユーザーが寝ている間に行われるそうだ。

 同時にVWのオンライン戦略はそこに留まっていない。そう言うのは、同時にオンラインで姿を見せた技術開発担当取締役のトマス・ウルブリッヒ氏だ。
オンライン中継のウルブリッヒ氏(右)とツェルマー氏(中央)
 「ソフトウエアは、新しいビジネス戦略の重要な入口です」。VWでは、フォルクスワーゲン・デペロップメントセンター内にテックカンパニーを設立。優秀な人材をスカウトしてきて、世のソフトウエアカンパニーに負けない速度でソフトウエア開発を行っていくという。

 「素早い開発速度と、リーンな体制で、数多くのプロジェクトを同時に走らせ、競争力の高いソフトウエアを開発することが、競合他社に対する大いなる優位性になるでしょう。さらに、社内ヒエラルキーにしばられない体制による開発姿勢がもたらす恩恵が広まることでしょう」

 前出のウルブリッヒ氏は、重厚長大と言われてきた自動車開発の在り方にも、新しいソフトウエアの開発体制が、ハードウエア開発部門にも良い影響が出ることを期待しているとする。

 ソフトウエア開発に当たっては、テスト車に搭載するまでを大まかに二つの期間に分けるという。第1ステージと第2ステージともに14日間。短期間のゴールが設定されていて、そこまでで成果を確認する。従来は数カ月かけていたのに対して、大幅な開発時間短縮が目的である。

 今回のゴルフ8も、従来になかった速度で開発が進められ、同時に、現在のクルマにはつきもののシステムのデバッグも、極端なほど効率的に実施された、とVWではする。仮に当初のデバッグが完璧でなくても、すぐにオーバージエアでソフトウエアのアップデートが行われるのは、スマートフォンと同様ということだ。
ゴルフ8でも30色から車内の照明色が選べる機能が搭載されている
 VWではまだ「Volkswagen We」で提供しようというサービスの全貌を明らかにしていない(成長過程なのでしようと思っても無理かもしれない)。この先、ソフトウエアというと、スマートフォンのようにApp Storeなどでダウンロードできて、ドライブをより楽しくあるいは快適にしてくれるものが予想される。まさに車両のスマートフォン化だ。

 「私たちは、自動車会社ではなく、ソフトウエアサービスの会社になります」。VWのラルフ・ブランドスシュテッターCEOは述べている。その言葉が意味するのは、恐らく多岐にわたる。クルマはまだ完成されたプロダクトではない、ということだろう。その事実が明らかになったのが実に興味深い。
ドイツで発売されたピュアEVのID.4
Text/小川フミオ

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。