• DIGITALIST
  • Articles
  • デジタルツールの開発で進む効率化 フォルクスワーゲンのデザイン戦略
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Business 公開日: 2020.08.17

デジタルツールの開発で進む効率化 フォルクスワーゲンのデザイン戦略

お気に入り

新型コロナウイルス感染症が加速させた、フォルクスワーゲンのデジタルツールを取り入れたデザイン戦略とは。

VRグラスをかけているのは3次元化を担当する3Dモデラー
 フォルクスワーゲンが、デジタルツールを駆使した車両デザインに取り組んでいる。メリットは短時間でデザインが完成すること。過去数年にわたって開発してきたアプリケーションを使って仕上げたのが、新型ゴルフだ。

 これを教えてくれたのは、フォルクスワーゲングループのデザインを統括するヘッドオブデザインのクラウス・ビショフ氏。さきごろ、フォルクスワーゲンが開催したSkype for Businessを使った、世界中のジャーナリスト向けのプレゼンテーションの場でだ。

 「フォルクスワーゲングループでは新たにデジタルによるデザインツールを開発。新型コロナウイルス感染症のため開催中止となった3月のジュネーブ自動車ショーでお披露目予定だった新型ゴルフGTIや、BEV(バッテリー駆動EV)のID.シリーズで本格的に活用しています」
Head of Volkswagen Group Designの肩書を持つクラウス・ビショフ氏
 このシステムのメリットは、デザイン作業のスピードアップが一つ。デザイナーがコンピューター上でデザインした2Dのデータを、3Dモデラーが3D(3次元的)に見える画像データとして形作る。それが迅速に行えるのだ。

 例としてビショフ氏があげたのが、フロントのアンダーグリル。従来なら比率の異なるハニカムのパターンをボディーの曲面に合わせて立体的に作り込む。これまでの手順だとコンピューターでも時間のかかる作業だったという。それが新しいアプリケーションなら数秒から数分で処理できるそうだ。
ゴルフGTIのアンダーグリルもアプリケーションで簡単に3次元化できる

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。