• DIGITALIST
  • Articles
  • 【欧米デジタル化事情】 新たな潮流「空港で、家庭で、オフィスでフィットネス」
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Business 公開日: 2019.03.12

【欧米デジタル化事情】 新たな潮流「空港で、家庭で、オフィスでフィットネス」

お気に入り

ビジネスの隙間時間を生かしてリフレッシュ!意外な場所に広がるフィットネスとデジタル。

 出張、特に海外出張の多いビジネスパーソンは、飛行機の窮屈なエコノミークラスでの移動に辟易しているのではないか。そんな方々に向けた、新しいサービスが広がりつつある。移動時などに生じる空き時間を有効活用してリフレッシュできる、フィットネスだ。

 例えば出張前。直前にネット予約し、空港のセキュリティゲートを通過したあと、搭乗時間になるまでの間、フィットネスで一汗流す。あるいは目的地に到着後、空港内でマッサージやシャワーでリフレッシュする。いわゆるウェルネス・ツーリズムの一種である。

 ウェルネス・ツーリズムとは、心と体の健康向上を主眼とした旅行/観光である。グローバル・ウェルネス・インスティチュートによると、ウェルネス・ツーリズムの市場は2017年時点で6394億ドル(約70兆円)に達し、2015年から2017年まで年間6.5%で成長している。(参考資料
世界のウェルネス・エコノミー市場(出所:Global Wellness Institute)
 成長するウェルネス・ツーリズムの中で、米国メリーランド州のROAM Fitnessは、観光地ではなく、飛行機を使う出張者をターゲットとし、マッサージよりもアクティブな、フィットネスを提供している。特徴は、ROAMのフィットネスは空港のセキュリティゲートの向こう側にあること。入国審査、セキュリティチェックを済ませた後なので、あとは飛行機に乗るだけ、時間も計算しやすい。タオルはもちろん、フィットネスのウエアと靴も貸し出してくれる(購入も可能)。トレッドミル、エアロバイクなどのフィットネスマシン、ヨガができるストレッチ用スペースがあるほか、シャワールームではAmazon Alexaを通じて音楽ストリーミングを楽しんだり、到着地の天気をチェックしたりできる。料金は1日利用で25ドル、年間のメンバーシップは月30ドルである。
ROAM Fitnessのジム(ROAMのWebサイトより)
ROAM Fitnessのシャワー(ROAMのWebサイトより)
 ROAMは2017年2月にボルチモア-ワシントン国際空港に1号店をオープンした。2019年中にはサンフランシスコ国際空港、ニューヨークのJFK国際空港にオープン予定で、5年間で20店程度オープンしたいとしている。

 一方、サンフランシスコのTONALは、家庭やオフィスの限られたスペースで利用できるインテリジェントなフィットネス(ウェイトリフティング)・システムを開発している。特徴は、電磁気力を使ってウェイトを調整する仕組み(デジタル・コントロール・ウェイト)と、バーチャル・パーソナル・トレーナーである。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。