• DIGITALIST
  • Articles
  • ボルボ・カーズが安全技術開発の裏側を公開 鍵は「究極のドライビングシミュレーター」
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Business 公開日: 2020.11.30

ボルボ・カーズが安全技術開発の裏側を公開 鍵は「究極のドライビングシミュレーター」

お気に入り

ボルボ・カーズが、安全技術の開発のために採用するシミュレーション技術をオンラインでの中継形式で公開した。さまざまなカスタマイズが可能で、その可能性は無限大だと担当者は話す。

 「最新のゲーム技術で安全なクルマを開発」と謳うのが、スウェーデンのボルボ・カーズだ。2020年11月18日に、同社が本社を置くヨーテボリの特設会場からのオンラインでの中継形式で行われたプレゼンテーションでのこと。

 テーマは、最新の安全技術の開発にまつわる、ボルボの取り組みだ。同社では、さまざまなテクノロジーを使い、安全技術の開発に取り組んでいる。

 1970年から、路上の衝突事故に、独自の事故調査隊を派遣してきたボルボ。そこで集めたデータを車両開発に役立ててきた。衝突事故のタイプと、そこに巻き込まれた車体の変形具合をチェックすることが、安全性にとって重要だというのだ。

 昨今のボルボは、実地の事故調査を進める傍ら、事故を起こさない技術の開発にも注力してきた。そのための方法が、今回、ジャーナリストに公開されたシミュレーション技術だ。

 ボルボのシミュレーションの注目点は、MRを活用しているということ。MRとは(周知のとおり)Mixed Realityだ。複合現実とも訳され、現実のモノと仮想のモノをリアルタイムのデジタル映像として重ね合わせる技術。

 専用ゴーグルをかけたテスターが、実車を操縦して、ボルボがスウェーデンに持つテストコース内を走る。テスターのMRゴーグルには、実際の景色とともに、仮想の現実が映し出される。

 例えばテストコースの路上を走っていると、脇からトナカイが飛び出してくる。それを交わして進んでいくと、正面から対向車が、自車の前に飛び出してくる。
MRにはこのようにVRを混ぜることも可能

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。