• DIGITALIST
  • Articles
  • ブロックチェーンが巻き起こす、業界を横断したムーブメント
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Business 公開日: 2021.12.15

ブロックチェーンが巻き起こす、業界を横断したムーブメント

お気に入り

 DX(デジタルトランスフォーメーション)テクノロジーの一つ「ブロックチェーン」。オンラインでのデータの偽造が困難になる信頼性の高さで、情報の透明性や権威性を担保できる。暗号資産(仮想通貨)から生まれたが、今や非金融のさまざまなビジネス分野にもイノベーションを起こしつつある。

【画像】Shutterstock

「ブロックチェーン」は、何が優れている?

【画像】Shutterstock
 「ブロックチェーン」とは、「情報通信ネットワーク上にある端末同士を直接接続して、暗号技術を用いて取引記録を分散的に処理・記録するデータベースの一種」(総務省『情報通信白書』令和2年版)である。取引データの単位「ブロック」が「チェーン(くさり)」のように連鎖的に保存されているのでブロックチェーンと呼ばれる。身近な活用例で言うと、原産地や流通経路や学歴など過去の情報を証明する「トレーサビリティー」や、就職、転職、婚活などでの「マッチング」への応用だ。ブロックチェーンはさまざまなビジネス分野の既存の事業の「カイゼン」に対しても、そのヒントやソリューションを提供してくれているが、次の三つの点で優れている。
  1. 可用性 - 従来のデータベースで採用されている「中央管理型」は、特定の管理主体がデータを一括で管理している。一方、ブロックチェーンは中央管理型とは異なる「分散管理・処理」により、複数のシステムの間で常に同期した状態で管理されている。もし、ネットワークの一部に不具合が生じてもそれを補ってシステムを維持することができ、データが行方不明になる心配もほとんどない。

  2. 完全性 - データが連鎖的に保存されているため、過去の記録と整合の取れた改ざんはほぼ不可能になる。また、データの改ざんをリアルタイムで監視することも可能になる。

  3. 低コスト化 - 従来のシステムでは必要だった「仲介役」が不要なので、システムの低コスト化が実現する。

 特に「完全性」の特長は、改ざん、偽造が困難になることで信頼性が高まり、情報の透明性や権威性を担保できることである。それにより、本来はビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の基盤技術として利用されることが多かったブロックチェーンは現在、非金融のさまざまなビジネス分野でも盛んに活用されるようになった。従来のシステムに革新をもたらし、インターネットの登場に匹敵するような社会変革(イノベーション)をも起こしうる存在といわれ、DXの中でも重要度の高いテクノロジーに位置付けられている。

身近な利用例「トレーサビリティー」と「マッチング」

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。