• DIGITALIST
  • Articles
  • Web4.0が現実味を帯びてきた。Web3.0は今どうなっているのか?
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Business 公開日: 2022.07.21

Web4.0が現実味を帯びてきた。Web3.0は今どうなっているのか?

お気に入り

 近年、Web3.0が話題になっているが、完全に理解している読者はさほど多くはないのではなかろうか。そんな中、Web3.0を進化させたWeb4.0への期待すら語られるようになってきている。

 そこで本記事では、冒頭でWeb4.0の期待やその本命となる技術を解説する。次に、Web3.0までの歴史を振り返った後で、Web3.0について解説したい。

【画像】Shutterstock

Web4.0への高まる期待。何がWeb4.0の大本命なのか?

【画像】Shutterstock
 Web3.0もまだ明確に理解していない読者も多いであろうが、すでにWeb4.0の期待が多くのメディアで語られている。しかし実際のところ、Web4.0の本命となるような技術や概念については、まだ説得に足る意見が出てきていないことも事実だ。

 後述するが、Web1.0、Web2.0、Web3.0のそれぞれが、技術や、技術における革新的な変化に基づいて、登場してきた歴史がある。したがってそれは、Web4.0も例外ではないだろう。

 つまり、Web4.0が何かを語るにあたっては、現状ではどうしても推測の域を出ないということだ。

 Web4.0のコア技術として予想されるものはいくつかあるが、その中でも量子コンピューティング技術が大本命ではないだろうか。実際にGoogleなどのシリコンバレーのIT企業の多くがWeb4.0への技術投資を加速させている。では一体、量子コンピューティングには何ができるのか。

 量子コンピューティングはまず、従来のコンピューティング技術とは比べものにならないほどに処理速度が速い。量子力学の理論を応用したもので、量子の重ね合わせ状態などの集合的な特性を利用している。詳しい技術的な説明は省くが、処理速度がこれまでのコンピューターとは桁違いに速くなる点がポイントだ。そのため、たくさんのデータを基に学習するAIをより高度な技術にしてくれる、とも言われている。

 量子コンピューティングは、Web3.0の根幹となる暗号技術を無効化する技術でもある。量子コンピューティングの計算速度が速すぎて、従来のコンピューティング技術では守ることができた暗号でさえも、簡単に突破されてしまうというのだ。

 Web3.0が無効になるというのであれば、量子コンピューティングがWeb4.0の大本命であるに違いない。しかし、量子コンピューティング技術の実用化にはまだ少しばかり時間がかかるようだ。

Web1.0とWeb2.0。Webのこれまでの歴史

【画像】Shutterstock
 Web3.0を正確に理解するためにも、今までの歴史を振り返ることが重要だ。本項では、改めてWeb1.0、Web2.0とは何だったのかを概観する。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。