Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Ideas 公開日: 2019.05.31

不適切映像を探せ!映像加工でも活躍するAI

お気に入り

テレビ、雑誌、ネットの映像の多くの映像に含まれる「モザイク」や「ぼかし」。その加工の自動化に、人工知能(AI)が入り込もうとしている。

CGの学会・展示会「SIGGRAPH2013」における「バレ消し」説明の様子。バケツを持った人々やトラックは消され、水柱のみが残る。(英The Foundryのブースにて)
 映像に「モザイク」や「ぼかし」を入れるDVE(Digital Video Effect)。ニュースではあまり目にしないが、プライバシー保護などの観点から、情報番組では入っていないものを探す方が難しい。

 実は、こうした映像加工の世界では、21世紀に入った頃からひっそりとAIが使われていた。代表的なのが、業界で「バレ消し」と呼ばれる不要物の消去だ。スタントマンが付けるワイヤー、時代劇中の背景に見える飛行機雲や携帯電話基地局、このようなものを「不自然さが残らないように消す」ことをいう。

 バレ消しの根底には、「画面からの特定部分の切り出し」「合成の境界合わせ」といった基礎技術がある。切り出しと境界合わせのそれぞれに機械学習が使われ、処理の精度が高められてきた。

 機械学習を行うには、多くのデータを集めなければならない。現在は、Webサイトを巡回して、ここから必要なデータを取ってくる「スクレイピング」が使われる。ネットにアップされている映像から集めた膨大なデータが、機械学習に使われるのである。膨大な「お手本」を使って学習させることでフォトレタッチソフトやビデオ編集ソフトは飛躍的にバレ消しの性能を向上させた。

時間軸が効いてくる

 きれいに消す能力は十分にあったが、初期のバレ消しは、修正したこと自体目立たないよう人間が気を遣う必要があった。静止画で観るときれいに消えていても、動画にするとなんとなく不自然、ということがあったからだ。動画にすると「処理済みと未処理の部分の境界」が不安定に動くことで、処理を行っていることがわかってしまう。また、フレームごとに処理が微妙に異なり、動画にすると「そこに何かがあった」ことがわかってしまうこともあった。

 しかし、ここ数年のAIの発達で、そのような配慮が不要になってきた。「消したい場所」を選ぶだけで手軽に動画を加工し、バレ消しできるようになった。

生放送の悪夢

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。