• DIGITALIST
  • Articles
  • デジタル技術で「クルマの100%リサイクル」を目指すBMWの新提案
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Ideas 公開日: 2022.06.17

デジタル技術で「クルマの100%リサイクル」を目指すBMWの新提案

お気に入り

「サステナビリティー」は「持続可能性」でなく「地球環境の維持可能性」と訳すべき、としたのは、ベストセラー『人新世の「資本論」』の著者、斎藤幸平氏。クルマメーカーも、クルマ作りのコンセプトを変えてきているようにみえる。

 最近、おもしろい提案だと思わせられたのが、独BMWの「BMW i Vision Circular(BMWアイ・ビジョン・サーキュラー)」だ。「サステナビリティーはラグジュアリーと仲良くできる sustainability can go hand in hand with a luxurious appearance」と謳うこのモデル。デジタル技術を活用しながら、徹底したリサイクルの考えを取り入れたという。

 クルマが生活の中で重要と考えている読者の方は少なくないだろう。同時に、このサイトをチェックしている方なら、上記のように、いかにしてクルマのある生活をサステナブルなものへと変えていくかについても、考える機会があるのでは。

 BMWの提案は、いくつかの注目すべき要素から成り立っている。第1に、徹底したリサイクル素材でクルマを作ること。第2に、クルマ作りの過程で無駄を排除すること。第3に、新しいユーザーエクスペリエンスの提供。全てがデジタル技術によって可能という。
100パーセントリサイクルを謳い、再生パーツの使用や分解の容易さが考慮されている設計
 デジタライゼーションというと、クルマの電動化や、車内インフォテインメントシステムと密接に結びついている。しかし、そこにとどまらず、「サーキュラーエコノミー Circular Economy」(BMW)を実現する手段として、より広範囲に、そしてより深くクルマ作りと結びつけるのがBMW i Vision Circularだ。

 車体外皮や内装はほぼ全てを二次使用の素材で作る。コンピューターと結びついた3Dプリンターを活用して、多くの部品を設計。メリットは「正確に作れるのと、無駄が出ないこと」とBMWでは説明。このところ、メルセデス・ベンツやアウディといった競合メーカーも、設計や製造過程における3Dプリンターの効率の良さに注目しているので、これは大きなトレンドになっている。
設計時もデジタル技術が活用されている(後席シート設計の風景)
 BMW i Vision Circularでは、同時に、分解の容易性も提案されている。ボディーパネルやロードホイールや内装では、最後にクルマを解体する際に、簡単に部品が外せるような設計が徹底されているのだ。
リアシートもリサイクル素材で、かつ表皮はジッパーで簡単に取り外せるなど構造もリサイクル前提
 電気モーターやサスペンションシステムについての言及はないけれど、駆動用バッテリーは、いま各メーカーが取り組んでいるソリッドステートバッテリー(全固体電池)。軽量で効率がよく、かつパーツのリサイクル率が高いためだ。
新世代のBEV(バッテリー駆動EV)の提案
 タイヤも、認定栽培されて作られた生ゴムを使用。真っ黒でない。そこにリサイクルされたゴムのパーティクル(切片)を混ぜ込んで強度を上げている。「大理石のように見える」(BMW)視覚的効果もおもしろい。
ボディー外装と内装はほぼ100パーセント、リサイクル素材で作る
クルマの走行データをクラウドで集め、「BMW i Insight Vision(インサイトビジョン)」なるアプリを使って、契約者同士で共用。ナビゲーションを使っているときは、クラウドのデータをもとに、ルートガイドが行われる。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。