• DIGITALIST
  • Articles
  • 銀行機能をモジュール化 する「BaaS」 現状と課題を探る
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Ideas 2020.08.27

銀行機能をモジュール化 する「BaaS」 現状と課題を探る

お気に入り

「Banking as a Service(BaaS)」の活用が本格化してきた。銀行とフィンテック企業やスタートアップとの協業がさらに加速し、新たな金融ビジネスの創出にも期待が集まる。

金融機能やサービスをモジュール化

 BaaS(Banking as a Service)とは、従来、金融機関が提供してきた銀行機能の一部や金融サービスをモジュール化し、さまざまな企業が自社のサービスに組み込んで利用できるようにする仕組みである。

 これまでは、金融機関以外の企業が決済や送金、融資といった金融サービスを提供することは難しかったが、BaaSを利用すれば可能になる。企業は、APIを利用して銀行のシステムに接続することで、決済や送金、融資などの金融サービスを「自社のサービスに組み込んで」提供できるようになるのだ。

 例えば、友人に送金する際、通常は銀行のATMやインターネットバンキングなどで相手の口座にお金を振り込むだろう。こうしたこともBaaSを活用すれば様変わりする。金融機関以外の企業でも、BaaSを採用したアプリなどを開発すれば、送金機能を持った新規サービスの提供が可能になる。

 こうした取り組みはすでに進展している。アメリカUber社では、ドライバーが報酬を受け取るための電子マネーの口座の管理や、資産管理、個人間送金などを一つのアプリ(Uber Wallet)で済ませられるデジタルバンキングサービスを提供する構想を掲げている。もちろん、このサービスの基盤となるのはBaaSだ。

 Uberはフィンテック企業が提供するBaaSのプラットフォームを活用して、APIを経由し金融機関に接続することで、デジタルバンキングサービスを提供しようと考えている。これが可能になれば、銀行免許を取得することなく金融サービスを提供できる。

 金融機関以外の企業の、いわば「銀行サービス」の提供を可能にするBaaSには、世界中の投資ファンドも注目している。ドイツ・ベルリンに本社を置くBaaSのトップランナー「solarisBank」が2020年6月に、投資ファンドから6750万ドルの資金を調達したことは記憶に新しい。solarisBankでは、新たに調達した資金を元に、欧州のフィンテック企業向けに決済や送金といった銀行機能をモジュール化し提供するサービスをさらに拡充していくという。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。