Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Ideas 2020.11.17

5GとMEC(Multi-Access Edge Computing)で実現できること

お気に入り

5Gの本格普及の鍵を握るとされるのが「MEC」。「超低遅延」を実現する技術は5Gの可能性をどこまで広げるのか。

5Gの特徴を最大限に引き出し、「超低遅延」を実現するMEC

 2020年春に商用サービス開始、10月には通信キャリア各社から対応機種が発売され、本格的な普及が始まった5G(第5世代移動通信システム)。「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」といった特長から、リモートワーク環境の整備、遠隔医療、建設機器等の遠隔制御、スマートファクトリーなど、ビジネスにおけるさまざまユースケースの実現が期待されている。

 ただし、こうしたユースケースの多くは、クラウド上のサーバーとの通信を介して提供される。「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」を謳っている5Gではあるが、無線通信である以上は同時に通信を利用するユーザー数の増加に比例して、ネットワークの輻輳(混雑)が発生し、スピードの遅延につながる恐れがある。ネットワークの輻輳はインターネットにおけるボトルネックであり、これを解消するためには、「MEC(Multi-Access Edge Computing)」と呼ばれるエッジコンピューティングの活用が重要となる。

 エッジコンピューティングとは、必要なデータのみをクラウドに送るため事前にエッジ(ユーザーや端末の近くなどに配置したサーバー)で可能な限りの処理を行うネットワーク技術だ。IoT機器などで大量に収集したデータを全てクラウド上のサーバーに送るのではなく、いったんエッジに集めて処理し、必要なデータのみをやり取りすることでストレスのない通信を実現する。

 5G環境下におけるエッジコンピューティングの重要性を受け、ネットワークやコンピューターの機器メーカーがMECサーバーと呼ばれる機器を開発、提供している。MECサーバーを活用することで、スマートフォンやIoT機器、タブレット端末、ノートパソコンなど、さまざまな端末から膨大なデータが送られてきても、MECサーバーで処理することで高速通信が可能になる。

 MECはETSI(欧州電気通信標準化機構)が5G携帯端末のエッジコンピューティング規格のために標準化を進めていた技法で、一定エリア内の通信処理の効率化だけでなく、これまでクラウド上で実行されていた処理の一部をエッジ側で担うことにより、リアルタイム性が求められる処理、例えば自動車の自動運転や、スマートファクトリー、遠隔医療などの実現に期待が高まる。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。