• DIGITALIST
  • Articles
  • 進むカーオーディオのデジタライゼーション ハーマンが取り組む車内の音作りとは
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Lifestyle 公開日: 2021.12.21

進むカーオーディオのデジタライゼーション ハーマンが取り組む車内の音作りとは

お気に入り

 音楽を聴くのは、読書と並んで、最もアナログ的な楽しみといえる。音楽を楽しむ場所はさまざま。例えば車の中。今デジタル技術が、人間の感性に訴えかけるアナログ的な娯楽である音楽再生のクオリティーを、どんどん上げている。

 昔、カーオーディオといえば、ラジオかカセットテープかCDの音源を、車内に置かれた箱型エンクロージャーのスピーカーシステムで再生するものだった。ところが、今はスピーカーの数もチャネルも増え、28チャネル仕様のアンプを3基に、36ものスピーカーを各所に配置なんて例も。三次元の音場をつくる3Dサウンドも多くなってきた。

 カーオーディオのデジタリゼーションの尖兵は、実は大御所ハーマンインターナショナル(以下ハーマン)。音楽好きなら恐らく誰でも知っているJBLや、マークレビンソンといったブランドを傘下に抱え、自動車メーカーと設計の段階から”いい音”作りに取り組んでいる。
いい音作りの要の一つがスピーカーを駆動するアンプリファイア
 そのハーマンの最新の動向を紹介する記者発表が、2021年9月に東京で、日本法人の手によって開催された。

 一般的に、デジタリゼーションが始まったのは、2000 年頃からだそう。iPodがウォークマンに代わるとともに、Bluetooth技術が登場したことで、世界的にオーディオのデジタル化が進行したのと歩を合わせている。

 傘下のブランドが家庭用オーディオ製品にてデジタル技術を採り入れたのとタイミングを同じくして、カーオーディオの分野でも同時進行的にデジタリゼーションが進行した。1971年にベッカーブランドでカーオーディオの分野に参入したハーマンでも、例えば、車内サウンドマネジメントや、コネクティッド技術の開発はこの頃スタートしている。

 東京での記者発表会で、興味深かったのは、同社とトヨタ自動車とのコラボレーションの数々が紹介されたことだ。会場の入口に展示されたのは、今、大きな人気を集める新型トヨタ・ランドクルーザー。

 全長5メートルになんなんとする車体を生かし、車内は広々。しつらえもぜいたくで、まるでラウンジのよう。そこに、14スピーカーと12チャネルのJBLプレミアムサウンドシステムが組み込まれている。かつ、ホームオーディオ機器にも搭載される圧縮音源復元のための「Clari-Fi(クラリファイ)」をはじめとするデジタル技術がふんだんに採用されているのだ。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。