• DIGITALIST
  • Articles
  • 自転車専用の信号機・交通情報板も──コペンハーゲンに見る街のデジタル化(2)
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Lifestyle 2019.02.28

自転車専用の信号機・交通情報板も──コペンハーゲンに見る街のデジタル化(2)

お気に入り

「自転車のパラダイス」と自称するコペンハーゲン。自転車社会を支えるデジタル活用を紹介。

前編からのつづき

 自転車の街、コペンハーゲン。自転車で安全に街を走れるよう、自転車用の信号機を設けているなど、街には、ならでは仕組みが設けられている。その一つが、自転車が交差点に差し掛かると、それを察知して自動的に輝度を上げる「インテリジェント街灯」である。

 これらに加えて、もう一つ、コペンハーゲン市長が誇ったのが、「自転車向けのITS」だ。ここでいうITSは、情報化といった意味合いとなる。

 自転車のリアルタイム交通量は、市内各所のセンサーで検知される他、時間ごとの動きは事前に組んだモデルである程度解析されている。カメラによる自動計数が多用されているようだ。

 これらの情報に基づいて、いくつかの場所に設置された情報掲示板に、「○○方面、→方向早い」などのメッセージを表示する。また、信号の表示パターンも変更する。信号は、「一定速度で走れば、緑信号ばかりつながる」ように設計されている。市の担当者は、講演で「自転車を優先して制御している」としており、基本的な移動方法として自転車が重用されていることがわかる。
コペンハーゲン市が誇る自転車用交通情報表示板。訪問時は、安全関連の注意喚起が表示されていた。
 自転車向けの情報表示板は、ITS世界会議の時点で市内に5カ所あった。カラーのドットマトリクス式ディスプレイで、文字、図形が自由に描画できるという。そこで、現物を見に、街に出てみた。市の中心部にあるQueen Louise橋から北西に伸びるNorrebrogade通り沿いに1台確認できた。GPSは、その所在地を「経度: 12° 33’ 38.838” E、緯度: 55° 41’ 16.494” N」と示している。コペンハーゲンを訪れる方は、ご覧あれ。

 視察時は、ラッシュアワー前だったためか、取り立てて有用な情報は表示していなかった。「停止前に合図を」といった、注意喚起のメッセージが出ているだけだったが、混雑時にはルートごとの所要時間予測などが表示されるという。ディスプレイは見やすく、有効な情報提供ツールと感じられる。

 コペンハーゲンで、自転車用情報表示板を探して歩いた際に感じたのは、道路標識の少なさ。おかげで、町がスッキリしている。道路脇からニョキニョキと立っている標識は意外に騒々しいのだということが、コペンハーゲンを訪れて分かった。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。