sansansansan
  • DIGITALIST
  • Articles
  • デジタル時代、クルマのエクステリアデザインはどう進化するか
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Lifestyle 公開日: 2023.02.17

デジタル時代、クルマのエクステリアデザインはどう進化するか

お気に入り

デジタルの時代に、自動車のエクステリアデザインの概念が変わりつつある。

 BMWが2023年1月に発表したBMW i Vision Dee(ビーエムダブリュー・アイ・ビジョンディー)は、デジタル時代のクルマのデザインが、どんな可能性を秘めているかの見本といえる。

 Digital Emotion Experienceの頭文字からDeeと名づけられたのが、BMWのコンセプトモデル。2023年1月に米ラスベガスで開催されたCESで公開された。
2023年ラスベガスのCESでのお披露目光景
BMW i Vision Deeはオーソドクスなセダン車型のデザイン
「最新のデジタル技術を活用して、クルマから知性を備えたパートナーへ変身させた」。BMW AGの取締役会のオリバー・ツィプセ会長は、このクルマについて説明。

 BMWが公開した映像を観ると、車載AIが、まるで人格があるかのように、自然にドライバーと会話し、さまざまなコマンドを口頭で受け取る。
先進的なAIエージェントを搭載し、オーナーを認識すると似顔絵とともに「いらっしゃい」とか「おかえりなさい」
 そしてもうひとつ。注目すべきが、ボディカラーだ。米国のE Ink(イーインク)社と共同開発した技術が採用されている。
CESで車体の色が変わるデモンストレーションを見せて来場者を驚かせた
 たとえば白色だった車体が、数秒で黒色に変化する。実はこれはペイントではない。車体にE Ink社が基本技術を提供した超薄型ディスプレイが張られている。

 車内からのコマンドによって。プリセットされた色やパターンを呼び出せる。それでさっきまで白だった車体が、次の瞬間黒に。というぐあい。32のパターンが設定可能だそうだ。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。