• DIGITALIST
  • Articles
  • 各社の発表から探る、欧米自動車メーカーのEV事情
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Lifestyle 公開日: 2021.09.28

各社の発表から探る、欧米自動車メーカーのEV事情

お気に入り

欧米の自動車メーカーのEV化が加速している。

9月に発売が予定されているJeepの新型Grand Cherokee 4xe
 7月には、最も電動化と遠くにあるように思えたジープが「2025年までに全てのモデルレンジにおいてフル電動化された4xeモデルを投入し、全世界で販売される7割のジープを電動車にする」と発表。筆者を含めて、世界中のジャーナリストを驚かせた。そんな欧米のメーカーの最前線をここで紹介しよう。

 まずは、先に触れたとおり、ジープ。日本でも人気が高いラングラーという伝統的なゴツいスタイルのモデルに、電気モーターを組み合わせた「4xe(フォーバイイー)」モデルは米国で発売して、好調な売れ行きなのだそう。
JeepはプラグインハイブリッドとピュアEVを4xeと命名
 「ジープを電動化すれば、オンロードでの運転の楽しさや効率性はそのままに、オフロードでも静かなまま、高い走破性を楽しんでいただけます」と、ステランティスグループにおいてジープブランドのCEOを務めるクリスチャン・ムニエ氏は語っているほど。

 日本でも、2020年に導入された「レネゲード4xe(フォーバイイー)」なるモデルで、ジープの言いたいことが感じられる。このシステムは、前輪はエンジンとモーターのハイブリッドシステムで、後輪はモーターで駆動する、電動化された4WDだ。
日本で販売されているJeep Renegade 4xe
 レネゲード4xeを運転すると、発進がスムーズで、かつ加速が早く、スムーズな動きが新鮮だ。日本で初めてジャーナリスト向けの試乗会が開かれたとき説明されたのが、「悪路では、出力が微妙にコントロールできるモーターが向いている」(広報担当者)ということ。ジープが電動化と向いている理由なのだ。

 オンラインでの記者会見に先立って、ジープでは「Jeep Life Electrified」と題したビデオを公開。そこでは、電動化のスケジュールと、それに伴って、ユーザーとして期待できることが続々とプレゼンされている。

 240ボルトの太陽光発電チャージング・ステーションを北米のオフロードの要所要所に設置するのが、2021年7月。2025年7月には、人体認証システムによるドライバ−の特定化とパーソナライゼーションプログラム(ドライバーの好みの設定にすぐ変えられる)の実施が目指されている。

 さらに、ピア・トゥー・ピア充電(可能性としてはフリーウェイにロボットアームを設置して自動で充電するシステム)。2030年7月には、オフロードでの自動運転化の実用化が視野に入っている。

 ビデオの映像では、トレッキングを楽しむカップルと、無人のジープが並走し、あらかじめ定めたミーティングポイントで、人間と車両が落ち合う。最後は自動運転で家路に着く、というストーリーだ。

 ジープが属するステランティスグループは、2021年7月9日にオンラインで、これから2030年あたりまでの電動化戦略について語った。フィアットやアルファロメオなど14のブランドを有する同グループは、パワートレインの共用化をより強く推し進めるという。

 動力源であるパワートレインとしては3タイプのEDM(エレクトリックドライブモジュール)を開発し、それぞれがモーター、ギアボックス、インバーターから構成。いずれのEDMもコンパクトで柔軟性が高く、拡張も容易で、かつ、全てのEDMが、前輪駆動、後輪駆動、AWD、4xeに対応するそうだ。

 アイコン的なクルマのEV化という点では、ジープに先立って2021年6月30日、仏ルノーグループが、自動車デザイン史に残る「R5」(1972〜1984年)を現代的に解釈してピュアEV化した「5」をデビューさせると発表した。このクルマの要点は、小型であると同時に、廉価であることなのだそう。

 「(2019年発表のコンパクトなEVハッチバックである)ゾエでつちかった経験も、小さなピュアEVの開発に多いに役立っています」。ルノーのルカ・デメオCEOは、そう付け加えた。
「eWays」と名づけたオンライン記者会見に登場したルノーのLuca de Meo CEO
 デメオCEOは、2025年までに欧州で販売されるルノー車の50%を電動化(ハイブリッド含む)、さらに2030年にはその割合を90%に引き上げるとした。最近の報道によると、欧州委員会は2021年7月に、2035年には、ハイブリッドを含めて化石燃料を持つクルマの販売の禁止(提案)を発表したので、この計画はさらに進むかもしれない。

 ルノーのデジタル戦略は、先述の5で触れたように、「買いやすい」ことに注目したところに特徴がある。「EV化しても価格が高くては普及しないので、多くの人にとってアクセシブル(買いやすい)なことが大事です」とデメオCEOは言う。
ピュアEV「ルノー5」のスタイリングは1972年発売のベストセラーR5をイメージ
 ルノーは、日産自動車(と三菱自動車)を含めグループ企業をいくつも持つ。そのため、コストをかけて、EV用のプラットフォームを開発しても、グループブランド全体でシェアできるというメリットがある。スケールメリットを活用していく点では、VWグループと似ている。

 昨今、自動車メーカーが工場の操業停止にまで追い込まれる原因となっている半導体やバッテリーに始まる主要コンポーネンツ供給不足の解消も、EV化を進める中で重要なテーマだ。

 ルノーでは(他社と同様)早い速度で多くの関連企業を傘下に入れている。コンパクトな駆動システムを開発している企業や、電源を交流から直流に変えるインバーターやオンボードチャージャーなどをコンパクトに一体化する技術開発に成功した企業といった具合だ。

 自社内開発の対象は、駆動用バッテリーにまで拡大する。小型化かつ効率化をはじめ、リサイクルを効率的に進めることや、さらに将来のソリッドステートバッテリー開発および生産に至るまで、スタートアップ企業のノウハウも役立てながら実現していくことをルノーは視野に入れている。

 バッテリー開発が生命線であることを言及するのは、スウェーデンのボルボも同様だ。同社は、2021年7月1日に電動化計画についてのオンライン記者会見「Tech Moment」を開催した。

 「スウェーデンの大手バッテリーメーカー、ノースボルト社と 協力して、バッテリーセルのエネルギー密度を現在の市場にあるものに比べて最大 50%まで高めることを計画しています。さらに、2020 年代の後半にはエネルギー密度を高め(目標値は1000Wh/l )、実走行距離 1000キロを実現したいと考えています」
ボルボ本社のHakan Samuelsson CEOがオンライン記者会見に登場
 ボルボ・カーズの最高技術責任者であるヘンリック・グリーン氏はオンラインの画面に登場。「バッテリーセルの設計と統合をシンプルにすることで、重量を減らし、スペースを最大限に活用することができ、バッテリー容量、航続距離、充電時間を大幅に改善することができます」と述べた。

 同社の「電動化ロードマップ」は、戦略的パートナーとの協力の下、バッテリー、電気モーター、関連ソフトウエアの設計、開発、生産を自社で行う垂直統合に重点を置いています。その目的は、バッテリーのサプライチェーン全体を通して、可能な限りの相乗効果と効率化を達成することです。

 このオンラインでの記者会見では、「コンセプトリチャージ」と名づけられたSUVスタイルのコンセプトモデルも発表された。リチャージとはボルボ独特の用語でプラグインハイブリッドとピュアEVを意味している。
ボルボがまもなく発売を予定しているプレミアムSUVのプロトタイプ「Concept Recharge」
 このコンセプトモデルは、まもなくの登場が噂されている新型XC90への技術の橋渡し的な役割も担う。現在、日本でもセールス好調というプレミアムSUVが、次世代はピュアEVになる可能性大だ(車名は変わるかもしれない)。

 どこのメーカーにも共通していることがもう一つ。バッテリーなどのパワートレインと、それにデジタライゼーションの専門知識を持ったエンジニアを多く雇用したいという希望だ。実際に、自動車メーカー社内では、内燃機関関係のエンジニアから、新世代のクルマに対応できるエンジニアへと、雇用がシフトしているとか。

 以前だったら、エンジン排気量や出力、さらに加速性などが真っ先に話題になった自動車界。今では上記のように、全く様変わりしているのだ。
Text/小川フミオ

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。