• DIGITALIST
  • Articles
  • 「クルマを動くテーマパーク」に アウディやMINIが創る車内空間
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Lifestyle 公開日: 2022.05.11

「クルマを動くテーマパーク」に アウディやMINIが創る車内空間

お気に入り

クルマの自動運転化を見据えて、室内がデジタル技術によってどんどん変わっていく。

 自動車におけるデジタル技術は、車内をいかにエンターテイニングな空間にするかという動きとも、密接に関連している。いま各自動車メーカーはさまざまなアイデアを練っているようだ。ドイツのアウディ本社は、車内でVRを楽しめるモデルをまもなく発売する、と発表した。現実性という点で、2022年夏に本格的にVRグラスを導入するというアウディの動きは先陣を切ったもの、といえるだろう。

 「アウディは、バーチャルリアリティーのエクスペリエンス・プラットフォームに、自動車を変える最初のメーカーになります」。アウディ本社によるプレス向けリリースにはそう記されている。

 エクスペリエンス・プラットフォームとは、デジタル技術を中心に構築され、使う人の要望に応じてさまざまな情報(エンターテイメントを含む)を提供するシステム。

 アウディでは、スタートアップのホロライド(holoride)と組んで、自社製品のパッセンジャー(乗員)のためにゴーグル型のVRグラスを実用化するという。使えるのは後席の乗員。
VRグラスを装着していると、クルマの動きや外部の環境に応じた映像も楽しめるという
 VRグラスによって、ゲームや映像を楽しめる上、クルマの動きと連動させるという。乗員は、クルマの加速時のGを映像と組み合わせたものを体験。ロケットを操縦している画面を観ながら、リアルな加速感が味わえるなど、室内にいるとはひと味ちがう、走行中だからこその体験も提供されるとか。
 XR(エクステンデッド・リアリティー)は、ホロライドが得意とするところ。同社では「エラスティック・コンテント」と呼ぶ。意訳すれば、融通無碍(ゆうずうむげ)なコンテンツか。
ミュンヘンに本拠を置くホログラムとアウディは後席乗員のエンタテイメント用にXRを導入する

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。