• DIGITALIST
  • Articles
  • 不動産テックが業界の慣習を打ち破る 「敷金・礼金」「仲介手数料」が不要の時代に
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Lifestyle 2019.04.17

不動産テックが業界の慣習を打ち破る 「敷金・礼金」「仲介手数料」が不要の時代に

お気に入り

スマートフォンによる賃貸手続きの簡素化や、AI(人工知能)を活用した不動産推定価格の算出など、不動産業界でテクノロジーの活用が進んでいる。

 自分のライフスタイルに合った暮らしを、自由にかつ気軽に選択できる時代が訪れようとしている。インド発のスタートアップOYO(オヨ)は、ヤフーと合弁でOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPANを設立。日本の賃貸住宅事業に本格参入した。2019年3月から、スマートフォンだけで物件探しから契約、支払い、入居、退去まで行える日本初の賃貸サービス「OYO LIFE」を開始している。当面は、新宿・渋谷・恵比寿・目黒・中目黒など首都圏でのサービス提供となるが順次、提供エリアを拡大していくという。

 OYO LIFEの特徴は、スマートフォンとインターネットによって、まるでホテルの宿泊予約をするように部屋を借りることができる手軽さだ。敷金、礼金、手数料は0円で、全ての部屋が家具家電付き。公共料金やWi-Fiの通信費、定期的なハウスキーピングなども含まれているので、初期費用が抑えられ、入居してすぐに快適に暮らせる。

 入居までの手順もシンプルだ。スマートフォンで住みたい街を検索して物件を探し、気に入った物件が見つかったらメールか電話で部屋を確定。来店や内見は必要ない。クレジットカードによる決済手続きが済んだら、契約して入居前手続き。同社によると「ここまで最短30分で完了する」という。

隣がうるさい! 賃貸入居者の定番だった「不満」を解消

 OYO LIFEのサービスとしての魅力は、まずは、このスピード感だ。あわせて、これまでの日本の不動産業界における「慣習」を打ち破っているところにある。これまで国内で賃貸物件を契約するには、書類の準備や審査に数日を要していたが、それを省略することでスピーディーな契約を実現。敷金・礼金が0円に加え、2年契約の縛りがなく、最短1カ月から入居可能なので、気に入った街、憧れの街に「取りあえず住んでみる」ができる。

 これまでなら、手間暇かけて契約したのに入居したら「隣がうるさい」といった不満や、退去時の「原状復帰」にともなう敷金・礼金のトラブルは賃貸入居者にとって定番の悩みだった。OYO LIFEなら、気に入れば長期滞在も可能だし、短期間で他の場所へ移動することもできるので、こうしたトラブルを回避できる。近年は、1カ所に定住せず世界を含めさまざまな場所を旅しながら、インターネットを使って仕事をする「デジタルノマド」が若者を中心に広がっている。こうしたライフスタイルの変化をさらに後押しするのが、OYO LIFEといえるだろう。

 あわせて、従来、契約の際に「宅地建物取引士から対面で重要事項説明を受けること」が義務付けられていたが、2017年10月からインターネットを介してテレビ電話などで重要事項の説明を行う「IT重説」が認められたことも、OYO LIFEがサービスを提供できるようになった背景にある。賃貸に必要な手続きを全てオンラインで行うことが可能になった。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。