2018年1月に米国・シアトルに開店したAmazon Goは、その後、シアトル2号店、3号店がオープンし、現在では、サンフランシスコとシカゴにも店舗を展開している。米ブルームバーグによると、2021年までに全米で3000店舗を出店する計画だという。このAmazon Goをはじめ、商品棚から好きな商品を選んで、そのまま店を出るだけの「Just Walk Out」という新たな買い物体験を可能にしているのは、店内に設置された複数のカメラとマイク、棚に設置されたセンサーなどのシステムだ。


 いくつかあるレジ無し店舗で、どれもカメラ、マイク、センサーなどだいたい同じ仕組みを使っているかというと、そうとは限らない。ただ、どんな技術を使おうと、「誰が」「どの商品を選び」「購入したのか」を、認証・確認するシステムは、どのタイプでも必要になる。


 Amazon Goを利用するには、Amazon.comのアカウントと「Amazon Goアプリ」をインストールしておくことが必須だ。入店時にアカウントとひも付いたアプリでQRコードを表示し、入口のゲートでアプリを読み込ませることで、「誰が」入店したのかを確認する。店内では来店客の行動をカメラで追跡し、手に取った商品もカメラで撮影し、そのデータをAI(人工知能)で解析して商品を特定する。「どの商品を選んだか」については、カメラとAIで認識している。そして、店舗のゲートを通過して店外に出た時点で「購入した」と判断し、あとは通常のネットショッピングと同様の決済を自動実行する。


 Amazon Goに続くように、米国のZippinというスタートアップが、サンフランシスコにレジ無しコンビニをオープンした。Zippinの仕組みは、基本的にAmazon Goと同じ。専用アプリでQRコードを表示させて入店し、「誰が」入店したかを認証する。商品棚から商品を選び、専用ゲートを通過した時点で購入したと判断し、専用スマホアプリとひも付くクレジットカードなどで決済する。

アプリとカメラだけでJust Walk Out実現した「Standard Market」

 同じくサンフランシスコに、Standard Cognitionがオープンしたレジ無しコンビニ「Standard Market」も基本的なコンセプトはAmazon Goと同じだ。ただ、Amazon Goが、専用ゲートや赤外線センサーなど「大規模な装置」を備えているのに対し、Standard CognitionはカメラとAIだけで似た仕組みを実現している。このため、Amazon Goより構築コストを抑えられるといわれる。システム導入コストを抑えられることもあって、日本でもドラッグストアのPALTACがこのシステムを採用。薬王堂仙台泉館店のレジ無し店舗システムに採用している。


 Amazon Goが商品棚の重さを計測するセンサーなどを活用しているの対し、Standard Cognitionでは、店舗の天井に設置された約27台のカメラだけで買い物客と商品の動きを認識する。スマートフォンに「Standard Cognitionアプリ」をインストールしてから入店するが、入店時にQRコードなどを専用ゲートにかざす必要はない。アプリの「チェックイン」ボタンを押すと、店舗のカメラがアプリを認識し、ショッピングができるようになる。


 アプリとカメラで「誰が」「どの商品を選んだのか」を認識し、店外に出るときもゲートを通過することなく、そのまま退店できる。ずっとカメラで追いかけているので、店外に持ち出された品物をだけを購入したものとみなして、インストールしてある専用アプリとひも付くクレジットカードなどで精算する仕組みだ。


 また、サンフランシスコのスタートアップであるInokyoは、Just Walk Outのシステムでありながら、退店時にゲートを通過するときにもQRコードをかざす方法を採用している。


本記事は、日経BP総研とSansan株式会社が共同で企画・制作した記事です。
© 2019 Nikkei Business Publications, Inc. / Sansan, Inc.