オペルは、1862年創業と古い歴史を持つメーカーで、1929年から米ゼネラルモーターズと資本提携。日本での販売もかつては積極的で、ゼネラルモーターズの日本法人の下、1990年代は日本でも販売を伸ばした実績を持つ。


 2017年からグループPSA(プジョー)に入り、新時代に向けての企業戦略を展開し始めている。その代表的なものが、冒頭で触れた電動化戦略だ。


 欧州市場では、コンパクトハッチバック「オペル・コルサ」にBEV(バッテリー駆動の電動車)を設定。ほかにもプラグインハイブリッドなどをラインアップに持つ。


日本におけるオペルについての記者会見で話すオペル本社のミヒャエル・ローシェラーCEO
日本におけるオペルについての記者会見で話す、オペル本社のミヒャエル・ローシェラーCEO(写真右)
日本で売られるオペルコルサにはBEVの設定もある
日本で売られるオペルコルサにはBEVの設定もある

 オペルのエネルギー戦略に関する最新の話題は、2020年1月30日に発表された。フランスに本拠地を置くエネルギー企業「トタル(Total)」とともに、バッテリー工場を設立する計画だという。


 トタル傘下のバッテリー会社「サフト(Saft)」も加わったこのプロジェクトでは、まず2021年をめどに8ギガワット時のパイロットプラントを設立。その結果を受けて、ゆくゆくはフランス北部での24ギガワット時のバッテリー工場の設立が視野に入っている。


 その先には、48ギガワット時のバッテリー工場を、2030年をめどにドイツで稼働させる計画がある。さらにその先には、世界主要国にバッテリー工場を建設するというのが青写真だ。


 オペルが傘下に入っているグループPSAとトタルが計画するバッテリー生産。個数にすると100万基で、欧州市場全体の10%から15%をカバーする量になる、としている。


 石油化学の分野におけるトタルは現在、石油のいわゆる「スーパーメジャー」6つのうちの1つと、存在は大きい。ただし同社では、近い将来トタルは環境負荷の低いエネルギー分野のメジャー企業になる、としており、化石燃料でなく、大きなビジネスを新たに掘り起こすのに躍起だ。


グループPSAとResponsible Energyの分野で事業を始めるトタルは石油のスーパーメジャー
グループPSAとResponsible Energyの分野で事業を始めるトタルは石油のスーパーメジャー
トタルの技術研究開発部門である「CSTJF(The Centre Scientifique et Technique Jean Féger)」
トタルの技術研究開発部門である「CSTJF(The Centre Scientifique et Technique Jean Féger)」

#EV