イベント内での会話は「小さな発表」

鹿内さんと最初にお会いしたときは、ちょうど大学の研究者から民間に転じられたタイミングでした。その後、いくつかの企業で活動されていますね。


鹿内:自身の会社としてシンギュレイトを共同で立ち上げ、Chief Scientific Officer(CSO)として活動しています。もともとデータサイエンスが得意で、人材派遣のパーソルグループのミイダスでは、採用におけるダイレクト・リクルーティングシステムのサイエンスチームに業務委託という形で参加しています。ほかには、不動産事業を手がけるLIFULLのAI戦略室でデータサイエンスパートナーとして、技術支援をしています。


 民間に移ってすぐに新城さんと出会い、カンブリアナイトの初回に会場を提供し、登壇もさせてもらいました。今は、サービス開発をやっていますが、顧客開発のような仕事が多くて、営業的な要素も入っています。具体的には、各種センサーからのデータでオフラインのコミュニケーションを理解したいというものです。今年はデバイスも作りたいと思っています。


発表の機会は毎回あるわけではないですが、カンブリアナイトでは非登壇時にどのように活動されているのでしょう。


鹿内:私自身では、イベント内でのコミュニケーションが「小さい発表」だと思っています。今手がけていることを言葉にすることがある種のトレーニングになっていて、サービスが固まってくる感があります。


 いろいろな方と一緒に仕事したいと思って、コラボできそうな相手を「がっついて」探しています(笑)。例えば、カンブリアナイトの常連である感情分析サービスを手がけるEmpathとも仕事しています。


パーソルグループやLIFULLでデータサイエンティストとして技術支援している鹿内氏

お二人ともカンブリアナイトで潜在的なパートナーを見つけているということですが、イベント内でどのような形で出会われるのですか。名札もつけていないので、登壇者以外はどんな方なのか分かりませんね。


牛尾:確かに初対面の人にいきなり会って、話が進むことは確率が低いと思います。あるとき、共通の友人を介することで状況が一気に変わることを体験しました。スタートアップ企業の支援コミュニティを運営するEDGEofで開催した回で、コミュニティマネージャと呼ぶような方が「相性が良さそうだから、この人の話を聞いてあげて」といって結びつけてくれました。このような方がいると確率が一気に上がるんです。


 この体験以降、最近は、逆に紹介側に回ることも増えました。自分には関係なくても、別の人にとってはプラスに働くことは少なくないと思います。カンブリアナイトには何人かそうした「紹介好きな人」がいて、そういう人を中心に自分がやりたいことと「いい人がいたら紹介してね」と言っておくんです。


そうすることで、次の機会には紹介してもらえたりするんですね。


常に社内の声に耳を傾けておく

牛尾:そうです。そうした発信ができるために、いつも社内でコミュニケーションをとっておいて、「こんな人いない?」というニーズを聞いておきます。私自身が商品開発をしているわけではないので、社内ヒアリングが大事です。これまでの経験でいうと、商品に近い段階にあった部署と密に連絡をとっていたら、翌週に現場の条件に近い参加者が来ていたことがありました。すぐに会わせてみると相性が良くて、すぐに検討に入りました。


鹿内:その社内外両方のさじ加減みたいなものは大事ですね。私のところで言うと、まだサービスや技術が確立していない段階の実証試験段階のところとよく組んでいます。最小限のリソースで検証しましょう、その知見は両者でシェアしましょうという緩やかなアライアンスです。サービス手前の伴走段階は面白いなと感じています。


牛尾:鹿内さんが言われているようなことは、これまで大企業がやれていないところなんですよ。いわゆるスモールスタートと言われるやり方で、早く世の中に出して本当に価値があるのかどうかユーザーの声を聞いて、開発現場にフィードバックしようというものですね。新事業と言うと、とかく売り上げ規模が小さいことで前に進みにくいことがありますが、入り口に立たないことには大化けもない。まだこれからの段階ですが「スモールスタートのやり方は、しないといかん」という空気は確実に強くなっているように感じています。