英国のスポーツカーブランド、アストンマーティンが2018年7月16日、英国で発表した「ヴォランテ・ビジョンコンセプト」のビジュアルは、あきらかに飛行体だ。不思議なビジュアルだが、アストンマーティンによると「空をいくラグジュリー・トランスポテーション」を顧客に提案するのだという。


未来の高級車は、アストンマーティンの「ヴォランテ・ビジョンコンセプト」のようになるかもしれない(写真提供:アストンマーティン)

 形態としては「VTOL(垂直離着陸機)」と言っていいだろう。このモデルの開発プロジェクトには、ロンドン郊外のクランフィールド大学、クランフィールド・エアロスペースソリューションズ、それにロールスロイスが参画している。


 「都市の過密化と渋滞はひどくなる一方です。そこで空へと眼を移すことが必要になると判断しました」。アストンマーティンのアンディ・パーマーCEOはこう語った。「郊外に住む人は、渋滞のためにクルマでの通勤に苦労しています。かつてのような都市と郊外住宅の関係が、今は崩壊していると言っていいでしょう」


 こうして浮かび上がったのが、都市とベッドタウンの関係を再構築して、昔のような人間らしい生活を取り戻すというアイデア。これがヴォランテ・ビジョンコンセプトの役割なのだそうだ。

動力源は、航空エンジンで実績多数のロールスロイスが担う計画だ