「今のプレー、ボールは完全にゴールポストの内側に入ったか」。2018年6~7月に開催された2018FIFAワールドカップロシアで、きわどい判定にビデオ映像が使われていたことは記憶に新しい。日本戦でも、ゴールポストを超えそうになったボールをゴールキーパーが掻き出すようにして防いだシーンがあった。


 このきわどい判定を可能にしたのが、2011年にソニーが買収したHawk-Eye(ホークアイ)が開発した、ボールトラッキング技術を使った審判補助のシステムである。最も有名な事例は、ザ・ローン・テニス・チャンピオンシップス(いわゆるウィンブルドン)をはじめとするプロテニスの国際大会で採用されている「チャレンジシステム」だろう。カメラで撮影した映像を分析し、選手が打ったボールの着地点がラインを超えていないかどうかを瞬時に判別する仕組みである。試合の中で選手が線審のコールに対し、異議をとなえられるようにしていることから、 “チャレンジ”と名付けられている。





 このチャレンジシステムや冒頭に挙げた「GLT(Goal Line Technology)」 に加え、複数のマルチアングル映像で審判の判定補助を行う「VAR(Video Assistant Referee)」もホークアイ技術の使用例だ。ほかにバレーボール、バドミントン、ラグビー、さらには日本人には馴染みの薄いスポーツを含め、25種類ほどの競技に広がっている。今や「年間90カ国500以上のスタジアム、1万5000件の試合やイベントで活用されている」(ソニーPCL社内の組織になったホーク・アイ・ジャパン代表の山本太郎氏)という。


ソニーPCL社内の組織になったホーク・アイ・ジャパン代表の山本太郎氏