Features

デジタルテクノロジーを活用したビジネスの在り方をさまざまなテーマで掘り下げます。

  • デジタル時代の協業促す“緩やかな出会い”

    デジタル時代の協業促す“緩やかな出会い”

    オープンイノベーションの時代と言われるが、協業の第一歩となる「最適なパートナーの発見」は非常に難しい。これまで20回以上開催された交流会「カンブリアナイト(ヒューマンセンシングビジネス研究会)」は、「人を測る(ヒューマンセンシング)」領域のビジネス化に興味を持つ人たちが「緩やかに」出会える場である。

  • MaaS時代の幕開け

    MaaS時代の幕開け

    ライドシェア、自動運転、各種交通機関を一元的に利用できるアプリなどを背景として、人々の生活を支えるモビリティが大きな転換期を迎えている。新たなプラットフォームはMaaS(Mobility as a Service)。自動車、バス、鉄道、シェアサイクルなど、多様な移動手段を、場面に合わせて的確に使えるようにする。MaaSによって日本の交通事情はどう変わるのか。最先端の動きを追う。

  • CES2019が示す未来

    CES2019が示す未来

    2019年1月にラスベガスで開催されたCES。この数年と同様に、今回も大きなテーマの一つは自動運転をはじめとする未来のクルマである。そのほかにも、まちづくり、フードテック、ウェルビーイングなど、未来の社会を予感させる新技術がいくつも登場してきた。

  • デジタル社会変革の今と未来

    デジタル社会変革の今と未来

    食や料理、クルマといった身近なところから、買い物、街づくり、そして宇宙ビジネスと、社会の様々なシーンに広がるデジタル化。“今”を理解し、未来を予測するには、先を走るGAFAや中国の動きも見逃せない。2018年の動きを振り返るとともに、2019年のデジタル社会変革を展望する。

  • どうなる? デジタル時代の認知症対策

    どうなる? デジタル時代の認知症対策

    社会のデジタル化と並行して進む高齢化。ますます重要性を増していく認知症対策は、これからどのように発展していくのか。AI(人工知能)、各種のヘルスケアデバイスなどを駆使した、デジタル社会だからこそ考えられる対策を紹介する。

  • Deep Tech ── 科学技術が拓く未来

    Deep Tech ── 科学技術が拓く未来

    世の中を一変する可能性を秘める科学技術「DeepTech」に注目が集まっている。DeepTechの拡大と普及を推進する団体「Hello Tomorrow」は、世界各地に眠っている破壊的な技術の発掘と事業化支援を進めており、日本でも2018年から活動を本格化した。彼らが目指す世界観と具体的な事例を紹介することで、DeepTechが切り開く未来を想像してみよう。

  • モビリティ変革が社会を変える

    モビリティ変革が社会を変える

    自動運転やライドシェアを中心に、世界的な動きとなっているモビリティ変革。その動きは、国内でも加速している。移動の利便性を高め、都市のつくり方にも影響を及ぼすモビリティ変革。その国内での取り組みを紹介しよう。

  • ニュースペースの足音 ── 宇宙旅行・移住は実現するか

    ニュースペースの足音 ── 宇宙旅行・移住は実現するか

    宇宙産業の主役を民間企業が務める「ニュースペース」と呼ばれる新潮流が生まれている。世界のリスクマネーが流れ込み、ベンチャー企業が続々生まれているだけでなく、異業種から大手企業の参入も活発だ。ニュースペースの中でも話題を集めているのが、ロケットによる宇宙旅行や月・火星への移住。一般人が宇宙に飛び立てる日は近いかもしれない。

  • どこまで変わる? デジタルな生活

    どこまで変わる? デジタルな生活

    デジタル技術は身の回りの様々なところに入り込んできている。そのデジタル化の動きが顕著に見えるものの一つが家電だ。2018年9月にドイツで開催された世界的な家電ショー「IFA」の会場には、スマートキッチン製品をはじめ、最先端の家電製品がずらりと並んだ。その様子からは、未来のライフスタイルの一端を見て取れる。

  • AIは「人の幸せ」を切り拓けるか

    AIは「人の幸せ」を切り拓けるか

    工場をはじめとする現場作業の効率化、自動応答による受付業務のような省力化や省人化といったシーンを中心に広がり出した人工知能(AI)。そうした用途の中には、「人の幸せ」につながる使い方もある。典型例は医療を高度化するためのAI活用だ。

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。