Created with Snap
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close

Features Innovators 2021.03.24

DXで最も大切なのは、全員に関与してもらうこと——台湾デジタル担当大臣 オードリー・タン

台湾のデジタル担当大臣、オードリー・タン氏がSansanの大型カンファレンスに登場。DXで成果を上げるために必要な要素からモーニングルーティンまで幅広い質問に答えた。

お気に入り
 クラウド名刺管理サービスを提供するSansanが、3月8日から12日の5日間にわたる大型のオンラインカンファレンス「Sansan Evolution Week 2021 Spring - The Dawn of DX -」を開催した。

 副題に「The Dawn of DX」(DXの夜明け)と付いている通り、本イベントは日本企業のDX=デジタルトランスフォーメーションをさらに加速させることを目的として、さまざまな企画が用意された。

 その中でもひときわ注目を集めた講演がある。2010年代半ばから今日まで台湾のDXを強力に推進してきたオードリー・タン氏(台湾デジタル担当大臣)と、経営・競争戦略の専門家として世界的に著名な石倉洋子氏(一橋大学 名誉教授)が対談する「How to accelerate DX」(DXを加速させる方法)だ。

 オードリー氏の著作や講演動画を丹念に読み込んで臨んだ石倉氏は、DXで成果を上げる秘訣からプロジェクトに人々を巻き込む方法、政府自治体のDX、さらには個人的な習慣まで、バラエティーに富んだ質問をオードリー氏に投げかけた。本稿ではその対談の模様をお届けする。(本稿は英語での対談を抄訳・再編集して掲載しています)
石倉氏:皆さん、おはようございます。ご紹介いただきました石倉洋子です。今日は「Sansan Evolution Week 2021 Spring - The Dawn of DX」の4日目です。このプログラム「How to accelerate DX」では、台湾のデジタル担当大臣のオードリー・タンさんをお招きしています。

 私自身、この対談をとても楽しみにして今日を迎えました。それではオードリーさんをご紹介します。

 オードリーさん、おはようございます。今日はお時間をいただいてありがとうございます。今回オードリーさんからさまざまな経験知を共有していただければと思います。

オードリー氏:石倉先生、ありがとうございます。皆さま、おはようございます。私もお目にかかれてとてもうれしいです。今日はよろしくお願いいたします。

石倉氏:はじめに、DXについて伺います。日本政府はDXの推進に力を入れていまして、また、多くの民間企業もDXをスローガンとして掲げています。日本ではデジタル化を推進するために新しい行政機関としてデジタル庁を発足させ、担当大臣も任命されました。

 このようにDXを広範囲に提唱してきたのですが、多方で、DXはどのように実行されるのか、具体的な成果はどういうかたちで展開されるのかという懸念もあるのです。というのも、私たちはコンセプトを提唱したり提案したりするのは得意なのですが、実行が少し後手に回りがちなのです(笑)

 オードリーさん、DXを実現し、成果を上げていく上で、最も重要な要素は何でしょうか?

オードリー氏:日本のマスメディアの皆さんによく言うのですが、私は「デジタル」担当大臣であって、「IT」担当大臣ではありません。では、両者にどんな違いがあるのかというと、「IT」は機械と機械をつなげるもの、「デジタル」は人と人をつなげるものなのです。

 DXに重要な要素として挙げられるのは、デジタルとITを混同してはいけない、ということです。DXを推進する立場の皆さんの仕事は、「声を出せなかった人々に声を与え、参画を促し、多方面の人々を巻き込んでいくこと」と言えるでしょう。テレビのように発信者と受信者が分かれた一方通行のコミュニケーションではなく、包括的かつ双方向で進めるのが正しいデジタル化の道のりだと考えています。

 ただ、多くの人々をつなげても一人か二人の声しか聞こえない、ごく少数の声を皆が聞くという状態は「Digitization」(デジタイゼーション)であって、「Digitalization」(デジタライゼーション)ではありません。それは真のDXではありません。

石倉氏:事前にオードリーさんのこれまでの講演を拝見し、著作も読みました。オードリーさんはよく日本に欠けている要素として、サステナビリティー(持続可能性)、イノベーション(技術革新による経済発展)、インクルージョン(包括性、皆に平等な機会が与えられている状態を指す)などを挙げていますよね。

 インクルージョンでは、少人数で物事を進めるのではなく、全員が関与しているということの重要性を説いています。オードリーさんのご指摘の通り、日本ではそれがなかなか実現できていません。インクルージョンをどのように実現したらいいのでしょうか?
オードリー氏:素晴らしい質問をありがとうございます。台湾で私たちが実践していることを例にご説明したいと思います。

 台湾では、選挙権のない未成年の方々が政治に参加できる権利をデジタルプラットフォーム「vTaiwan」上で担保しています。例えば、日本でも台湾でもタピオカドリンクが流行しました。そのときに、16歳の学生がプラスチックのストローをやめようという請願をvTaiwanに投稿しました。

 どうして16歳で社会運動を始めたのでしょうか?その理由は、実は学校の宿題なんです。「あなたが問題だと思っていることを、vTaiwanに投稿しましょう」という宿題が出たのですね。このように、インクルージョンは基本教育から始めなければいけません。そうすることで、生涯教育にもつながっていくと思います。

 vTaiwanには若者ばかりが参加しているという誤解がよくあるのですが、60歳や70歳の方も同じように参加しています。サステナビリティーを最も心配しているのは若者ですが、高齢者が若者の議論に自然なかたちで巻き込まれているのです。これができれば、インクルージョンは素晴らしいスタートを切ったといえます。

石倉氏:インクルージョンを加速させる方法はあるでしょうか。というのも、私たちは初等教育に本当に力を入れなければいけませんが、その結果が現れてくるまでに時間がかかります。子どもたちを育てていくのは時間がかかることですから、何らかの方法で加速させたいのです。

オードリー氏:はい、もちろんです。加速化の秘訣は、若者を巻き込むことです。台湾では若者だけが参加する行政の諮問委員会を設置しました。オンラインでよく知られている20代や30代の若者たちを委員に任命して、リバースメンターとして活動してもらいます。“リバース”メンターですから、委員である若者が閣僚級の人たちの教育係になるのです。閣僚も委員を「若い友人」ではなく「アドバイザー」として迎えます。

 日本には多くの若者がいます。14歳や15歳ながら起業するなどして、社会的なムーブメントを起こそうとしている人もいますよね。先ほどプラスチックストローの請願を投稿した16歳の少女をご紹介しましたが、彼女は現在19歳、諮問委員会の委員として活動しています。

石倉氏:若者がきちんとした役割を与えられ、意思決定の場に立つということは、既存のリーダーシップを取る人たちが考え方を変えていく必要があることを意味しています。新しいアイデアを持つ人たちをうまくインクルージョンしていくということですよね。本当に素晴らしいお言葉をいただきました。

 ここで話題を変えましょう。DXを推進した結果、どんな社会になるように、どんな世界になるように期待していますか?DXがこのまま進んだら、どんな世界になるのでしょうか?

オードリー氏:DXは、世代をまたがって平和をつくると思います。同時に、デジタルによって未来の世代がどういう利点を持つことができるのか、あるいは、今、私たちがやっていることはどんな困難を解決するのか、なかなかうまくコミュニケーションできていないとも思います。

 人間が活動すると、公害が起きることもありますし、気候も変動するでしょう。私たちの活動が将来どういう結果を生むのか、よく理解する必要があります。私は「インターネット・オブ・ビーイングス」という言葉をよく使いますが、これはインターネットによって、デジタルによって、人と人がつながるという意味です。まだ生まれていないような世代のために、手と手を携えて変えていきましょうというメッセージを込めています。

 さまざまな物事の直接・間接の関係性を理解していくような、長期的な考え方が必要だと思っています。例えば2016年に初めてVRを体験したとき、私は仮想空間の国際宇宙ステーションにいました。宇宙から見える地球には国境がありませんでした。今、ここにいると世界はなかなか見えてきませんが、国際宇宙ステーションからは地球がよく見えるのです。そうすると、全体的なつながりが見えてきますよね。

 私たちは気候変動のような構造的な問題を解決していかなければいけません。ウイルスやフェイクニュースも、気候変動と同じように国境を超えていく蔓延性を持っています。ですから、私たちも世代を超え、国境を超えて活動していく必要があります。そのときに直面する課題は、DXによって解決されるだろうと考えています。
石倉氏:私も宇宙の話は大好きで、新型コロナウイルスが収束したら初めに行きたいと思っている場所が国際宇宙ステーションです(笑)

 次の質問に移ります。台湾でDXを3年、5年と続けていくと、どんな社会になるでしょうか?

オードリー氏:3年後の台湾は、成長しています。国際宇宙ステーションのように高いところにいると思います(笑)

 台湾は、地震や台風の深刻な影響や被災の恐ろしさを理解しています。ですから、レジリエンス(困難に適応し、ストレスや被害を受けても自らを速やかに回復させる能力)が重要になるのです。

 台湾がデジタル化を推進するのは、GDP(国内総生産)のような特定の指標を向上させるというよりも、社会の隅々にまで民主化されたツールを広げた上で、地震や台風、新型コロナウイルスのような未知の災害が発生したときに迅速に対応するためなのです。

 3年後も5年後も、レジリエンスをより高めた社会になっていなければいけません。

石倉氏:それでは、個人としてのゴールはどうでしょう。3年後、5年後、個人としてどうありたいですか?

オードリー氏:日本に行きたいです!(笑)。コロナが収束したら日本に行って、石倉先生とぜひ対面でお話ししたいと思います。私自身を新しい言語に没入させていきたいので、日本語を学びたいですね。

 新しい言語だけでなく、新しいコーチに会いたいとも願っています。仕事で世界中の人々と会っていますが、皆さんが私のコーチなのです。ここ1年ほどは毎日、目覚めた後はずっと世界中の方々とお話ししてきました。ヨーロッパからアフリカへとタイムゾーンを移りながら、世界中を旅するような感覚で、いろんな方とお話してきました。

 その結果、私は新型コロナウイルスが発生する前よりもトランスカルチュラル(越境文化的)な考えを持てるようになったと思うんです。

石倉氏:言語というと、東北の若者とお話しされましたよね。確かあのとき、日本語を話していたと思います。オードリーさんが日本語を話せることを知っていますよ(笑)

オードリー氏:正直に言いますと、スクリプトを書いていただいたので、それを読み上げただけなんです(笑)。日本語は本当に学びたいと思っています。

石倉氏:ここで少しトピックを変えましょう。前進するためには、何らかの信頼が必要だと思います。しかし、信頼を構築するのは難しく、時間もかかります。他方で、信頼を失うのは簡単です。

 社会的な信頼をどのように構築していけばいいのでしょうか?

オードリー氏:信頼を構築する方法の一つに、批判者に意思決定プロセスに参加してもらうという考え方があります。批判するということは、気にしているということですよね。気にしていなければ、批判なんてしません。

 私は人に会うたびに、「あなたがデジタル大臣だったら何をしますか?」と聞きます。そうすると、いろんなアイデアが出てくるんです。ですから私は「あなたのアイデアは素晴らしい、これは来週の木曜日までに法制化しましょう」などと応じます。

 批判者が意思決定プロセスに関与し、貢献できるなら、少なくとも制度が悪いという批判はなくなります。自分の意見が反映され、政策として具現化されるわけですから。そうすると、批判も建設的になるのです。お互いを感情的に否定して攻撃することも減ります。

 元のご質問に戻りましょう。信頼の構築で重要なことが二つあると思います。一つはイテレーションです。素早い反復作業を繰り返して徐々に完成度を上げていくのです。アイデアの実現まで1年くらいは待つということになると、人々からの信頼は失われますから。次の木曜日にはおっしゃってくださったアイデアを具現化してきますね、という対応力が必要です。二つ目は、すぐに謝るということです。間違ったことがあれば、私はすぐに謝ります。

石倉氏:イテレーションは、日本ではなかなか見られませんね。何が起きるか様子を見よう、もっと情報が入ってくるまで待とう、その後に決めよう、と先延ばしにしがちです。こう話しながら、私の頭の中にいくつか事例が浮かんでもいます(笑)

 さて、若い世代について話を戻します。オードリーさんは若者を巻き込むためのさまざまな方法を考案しました。私自身が接していて思うのですが、若者は社会への関与の仕方が分からないと考えているような気がするのです。あるいは社会に対して興味がない、あるいは自分たちの意見が社会に大きな変化をもたらさないと感じているのかもしれません。

 若者は何も言わない、無関心だ、そう批判するのは簡単です。しかし、若者を勇気づけ、参加を促していこうというのがオードリーさんの主張でした。そのためには、どうしたらいいのでしょうか?

オードリー氏:重要な質問ですよね。若者はデジタルネーティブですから、考える場所はオンラインのオープンな空間です。自分たちの提案が聞き入れられない場所の多くは、きっと自分と物理的に近い場所のはずです。けれど、物理的に近い場所というのは、実は遠い場所なのです。デジタルネーティブですから、オンラインの方を身近に感じているはずです。ですから、デジタルの世界は物理的な世界と異なり、近さの意味が大きく変わります。

 その上で、どうやって参加を促していくのかという問題ですが、答えはとてもシンプルです。物理的に近い場……そうですね、例えば市の委員会でDXの方向性を検討するのなら、デジタルネーティブに話を聞くのです。「若い皆さんが方向性を決めてください、リーダーである私たちはリソースを提供します」ということです。若者は世界中の人々とつながっていますし、世界各国の情報を基にしたベストプラクティスをたくさん知っています。

 失敗を恐れないということが大切です。最初から成功する人はいません。失敗したら顛末書のひとつでも書いてもらえたら、それでいいでしょう(笑)

石倉氏:最後に、少し個人的なことを質問させてください。ある本で一日の過ごし方を書いていましたね。歩いてオフィスに行って、コーヒーを飲んで、と。一日を始めるとき、最初に考えることは何ですか?

オードリー氏:目を覚ますと、まず、周りを見るんです。そして、スタイラスペンでメモを書きます。眠っている間に考えたことを書き留めるんですね。

 眠る前には、資料やブログを読みます。そして、眠っている間に考えて、目を覚ましたらそれをメモとしてまとめます。ブログに寄せられたコメントもよく読みます。以前、あるコメントをもらったんです。

「オードリーは自分をデジタル大臣と言っているが、ノンバイナリー(自身の性認識が男女どちらにも当てはまらないこと)である。デジタル大臣なのに、どうしてノンバイナリーでいられるの?デジタルの世界ってバイナリー(2進法)の世界じゃないか」

 と、こんなコメントがありました(笑)

 私は毎晩、そうやって眠るんです。そして起きて、メモを書いて、それに対する私のコメントを書き込むんです。

石倉氏:何よりも重要だと思ったのは、眠る前にいろいろなものを読んで、朝起きるとキーコンセプトができているということです。私もその習慣を身につけたいと思います。

 ここでちょうどお時間になりました。オードリーさん、ワクワクするお話をいただいてありがとうございました。今度はぜひ、対面でお話ができたらと思います。ぜひとも日本にいらしてください。

オードリー氏:皆さま、本当にありがとうございました。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。