Created with Snap
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close

Features Business 2018.12.10

多様な広がり見せるDeep Tech、工場改革からニューロセンサー、森林再生まで

社会の多様な課題解決を目指したDeep Tech。Hello Tomorrowのコンテストでの受賞者の例から、その広がりを見てみよう。

お気に入り
 前回(vol.1)に続いて、最先端の科学技術に基づく破壊的なソリューション「Deep Tech」の事業化を推進するグローバル組織「Hello Tomorrow」の取り組みを紹介する。今回は、Hello Tomorrowが主催するコンテストGlobal Challengeで過去に受賞した3企業を取り上げる。Hello Tomorrowが対象とするテーマはバイオ、食・農業、環境など幅広いが、今回はデジタル技術を活用しているものをよりすぐった。

 Hello Tomorrowの活動を理解するには、これまでに「Global Challenge」で受賞した企業の取り組みを知るのが手っ取り早いだろう。Deep Techが意味するものの幅広さや、そのエッジの立ち具合などを、受賞企業の事例から感じ取ることができる。Hello Tomorrow Japan運営委員で日本ディープテック協会理事の渡邊康治氏に、3つの受賞企業の興味深い取り組みを紹介してもらおう。
日本ディープテック協会 理事の渡邊康治氏(撮影:小口 正貴=スプール)

Arculus(アーキュラス):2017年 INDUSTRY 4.0 部門優勝。工場を再定義する「モジュラープロダクション」を提唱

 大量生産から多品種少量生産へと製造業に求められる要件が変化する中で、工場で製品を作る方法そのものを変革していこうという取り組みを行っているのが、ドイツのArculusである。同社は、「モジュラープロダクション」という新しい製造コンセプトを提唱し、製造業の多品種少量生産への適応を支援する。

 工場では現在でも多くの場合に、「アセンブリライン」があり、決められた役割の人やロボットがベルトコンベアーで流れてきた製造物に所定の作業を行っている。Hello Tomorrowの日本の窓口を務める日本ディープテック協会 理事の渡邊康治氏は、「大量生産時代はベルトコンベアーを使ったラインで効率が良かった。しかし、例えば自動車を見ると同じ車種でも多くのバリエーションがあり、組み込む部品が1台1台異なることも多い。ベルトコンベアーを使ったラインでは、不要なプロセスが多くなったり、多くのラインを用意したりする必要があり、効率が悪くなってきた。モジュラープロダクションは、そうした課題を解決する製造システムだ」と説明する。

 モジュラープロダクションでは、ベルトコンベアーを使ったラインとはものづくりの考え方を逆転させている。その特徴は、人やロボットが作業する固定の「ステーション」を設けること。それぞれのステーションには、特定の部品の組み付けなど作業の役割がある。そのステーションに対して、製造物が配送ロボットで自動的に運ばれてきて、それぞれの作業を行う流れである。一列に並ぶベルトコンベアーで順番に製造物が流れてくるラインとは異なり、点在するステーションに対して配送ロボットが必要な順番で製造物を運ぶ。多品種少量生産であっても、製造物は必要なステーションだけに立ち寄っていくことで、無駄のない生産ができるというわけだ。

 モジュラープロダクションを実現するには、製造工程の自動調整や配送ロボットのルーティング最適化といった技術が必要になる。Arculusは人工知能(AI)とIoT(モノのインターネット)の技術を組み合わせて、製造工程の状況をモニタリングし、製造物をどの順番でどのステーションに運ぶかの最適解を計算する工場システムを開発した。実際にドイツの自動車メーカーのアウディと提携し、取り組みを推進している。

 渡辺氏は、「モジュラープロダクションによって、工場は多品種少量生産を効率良く実現できる。さらに、工場の作業員にとっても、一定のスピードで流れてくるベルトコンベアー上の製造物に対して、決められた時間で処理をしなければならないストレスから開放されるメリットもある」とArculusの取り組みの効用を指摘する。

引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。
引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。引用文など入る予定。ちょっとしたコラムはモジュールで用意しました。

こちらの記事は
会員限定記事です

続きを読むには無料会員登録を
お願いします。

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。