かつてデジタル音楽のリズムを「タテノリ」と言ったりしたが、“縦”はデジタル技術を駆使した次世代の交通にも、重要なキーワードのようだ。端的な例は、最近さまざまな技術が出てきているエアタクシーである。


 2019年1月にラスベガスで開催されたCESでは、米のヘリコプターメーカー「ベル」が、「NEXUS(ネクサス)」と名づけたエアタクシーのプロジェクトを公開して話題を呼んだ。


 流体力学を応用してデザインされたようなスリムなキャビンに、方向可変の6つのローターが取り付けられている。縦に飛ぶVTOL(垂直離着陸)技術を採用し、市街地でもスポットからスポットの効率的な移動を可能にするのが、ベルのエアタクシーの根本にあるコンセプトだ。


CES2019におけるベル・ネクサスの展示
6基の電気モーター駆動のローターで飛ぶ
(写真・画像提供:Bell)

 「地上のスペースが限られてきているので、私たちは縦方向への移動でその問題の解決を図りました」。ベルのミッチ・スナイダー社長兼CEOはこう述べている。


 機内には操縦士1席分のコクピットがあり、背後に2人用のシーターが2列並ぶ。”乗客”の定員はいまのところ4名のようだ。現状のデザインでは、室内は快適そうで、軽量化を追究して簡素になりがちな通常のヘリコプターとは少し異なって見える。


操縦士は3列のいちばん前に陣取る
(写真・画像提供:Bell)

本記事は、日経BP総研とSansan株式会社が共同で企画・制作した記事です。
© 2019 Nikkei Business Publications, Inc. / Sansan, Inc.