• DIGITALIST
  • Trends
  • 成田・羽田で「顔パス」搭乗手続きの実証実験開始
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 2021.03.27

成田・羽田で「顔パス」搭乗手続きの実証実験開始

お気に入り

NECの顔認証システムを活用

 成田空港と羽田空港では4月から、NECの顔認証システムを活用した搭乗手続き「Face Express」の実証実験が開始される。

 Face Expressは、空港でのさまざまな手続きが「顔パス」で可能になるというもので、スムーズな搭乗手続きと接触リスク軽減が期待される。両空港では同実証を4月13日から一部のターミナルなどで開始し、7月から本格運用を開始する予定としている。



 今回のFace Expressでは、搭乗者が自身の顔写真を所定の手続きで登録する。このFace Expressには、NECの生体認証の中核技術となっている顔認証技術が搭載されている。

 このため顔写真登録後は、空港でのチェックインや手荷物預け、保安検査、搭乗ゲートなどで、搭乗券・パスポート提示不要の「顔パス」が可能になるという。

NECの生体認証システム、世界約50の空港に提供

 NECの生体認証には、顔、虹彩、指紋・掌紋、指静脈、声、耳音響などがあり、ニーズに合わせて使い分けや組み合わせが行われている。同社の生体認証技術を活用したシステムは、世界の約50カ所の空港に提供されているという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NEC ニュースリリース
https://jpn.nec.com/press/202103/20210325_02.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。