sansansansan
  • DIGITALIST
  • Trends
  • グリーンホスピタリティーマネジメントが運営ホテルの1周年記念イベントを実施 AIによるピアノ演奏会を35日間開催
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2022.11.21

グリーンホスピタリティーマネジメントが運営ホテルの1周年記念イベントを実施 AIによるピアノ演奏会を35日間開催

お気に入り

▼ニュースのポイント
①グリーンホスピタリティーマネジメント「ホテルグランバッハ東京銀座」の1周年記念イベントとして、「グレン・グールドを学んだAIによるピアノ演奏会」を実施する
②この演奏会は、11月24日から12月28日までの期間、ホテルの2階に位置するバー&ラウンジ「マグダレーナ」において、約10分の演奏を毎日3回行う。
③今回は、ヤマハの「Dear Glenn」プロジェクトで、グレン・グールドを学んだAIが、演奏会を行う。

1周年記念イベントを開催

 11月18日、グリーンホスピタリティーマネジメントは自社が運営する「ホテルグランバッハ東京銀座」の1周年記念で、「グレン・グールドを学んだAIによるピアノ演奏会」を実施することを発表した。

 この演奏会は、11月24日から12月28日までの期間、ホテルの2階に位置するバー&ラウンジ「マグダレーナ」において、約10分の演奏を毎日3回行う。



AIによる演奏会

 グランバッハ銀座のコンセプトは「バッハとウェルネスキュイジーヌで心身が癒やされるステイ」だ。ホテル名に「J.S. バッハ」の名を冠して、ホテル内にはグランドピアノを設置している。

 マグダレーナではヤマハの自動演奏機能付きピアノを置き、ウェルカム演奏や「サロン・コンサート」を開催して、特別な空間と時間を提供する。

 今回は、ヤマハの「Dear Glenn」プロジェクトで、グレン・グールドを学んだAIが、演奏会を行うことになった。

 Dear Glennは人間とAIの共創を目指してスタートしたプロジェクト。バッハの楽曲を独特な演奏をすることで知られているグレン・グールドらしい音楽表現を、ピアノ演奏でできるシステムだ。

 これまで演奏したことがない曲でも、楽譜のデータがあればすぐに演奏することができる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

グリーンホスピタリティーマネジメント プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp


▼会社概要
(株)グリーンハウスのグループ企業であり、ホテルの運営を手掛けている。


会社名:株式会社グリーンホスピタリティーマネジメント
代表:落合 順
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー19階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。