• DIGITALIST
  • Trends
  • 「しんゆりシャトル」の実用化に向けて実証運行
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.02.22

「しんゆりシャトル」の実用化に向けて実証運行

お気に入り

昨年に引き続き、実証運行スタート

 2月15日、小田急電鉄は今月17日から5月16日まで、「しんゆりシャトル」を実証運行することを発表した。

 同社は川崎市と共同で「小田急沿線まちづくり」に取り組んでいる。

 しんゆりシャトルは小田急バスと川崎交通産業、神奈中タクシーが連携して運航するオンデマンド交通だ。

 今回の実証運行は小田急線新百合ヶ丘駅周辺にて行われる。



1つのアプリで完了

 しんゆりシャトルは乗降地点である「ミーティングポイント」がバス停よりも多く設定されており、対象エリア内のミーティングポイント間の移動を提供するというもの。

 小田急電鉄の「EMot(エモット)」を使って、配車依頼から運賃支払いまで1つのアプリで完了することができる。

 昨年、同じエリアで実証運行を実施しており、今回はより実用化に向けた実証運行として、有償でサービスを提供する。

 また、日常生活においてどのようなシーンでニーズがあるかを調査するため、保育園や塾などの教育施設や大型商業施設、新百合ヶ丘エルミロードでお試しクーポンを配布し、しんゆりシャトルの利用促進やクーポンの有効性を検証することになっている。

 しんゆりシャトルはEMotで配車依頼をすると、呼び出しに応じて経路を変更しながら運行。ユーザーが指定した出発地や到着地最寄りのミーティングポイントで乗降できる。

 新型コロナウイルス感染症対策をしたうえで、同じ時間帯に同じ方向へ向かうユーザー同士は相乗りになる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

小田急電鉄 プレスリリース
https://www.odakyu.jp/

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。