• DIGITALIST
  • Trends
  • ローカル5GとAI画像分析技術で「物流現場における人の動態把握」の実証実験を実施
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.06.19

ローカル5GとAI画像分析技術で「物流現場における人の動態把握」の実証実験を実施

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①物流現場は、さらなるスマート物流に向け、作業スタッフの動態を把握することが必要。
②東急不動産、NTT東日本、PALの3社が、ローカル5Gオープンラボにて「物流現場における人の動態把握」の実証実験を実施。
③実証の結果、5GとAIを活用することで、実際の物流現場でも「人の動態把握」が可能であると確認した。

人の動態を把握し作業効率化・省人化へ

 東急不動産、NTT東日本、PALの3社は6月15日、物流業務の見える化を目的とする「人の動態把握」の実証実験を実施し、物流現場に適用できることを確認したと発表した。



 物流現場では、人手不足とインターネット通販の需要増により大幅な作業効率化が求められ、物流倉庫のシステムなどが少しずつ進んでいる。

 だが、倉庫内の作業スタッフについては、動態把握がされておらず、作業スタッフの稼働の見える化による作業効率の向上や、今後の省人化へのデータ取得・蓄積が必要となっている。

ローカル5Gオープンラボで実証実験

 今回の実証は、NTT東日本と東京大学が共同で設立したローカル5Gオープンラボにて、ローカル5GとAI画像分析技術を活用して行われた。

 オープンラボでは、物流倉庫を模した環境で、物流現場の動作を複数人で行い、その映像を、ローカル5Gを利用した高精細カメラで撮影し、映像データをAIで分析した。この結果、人物の検知や動線把握を物流現場でも適用できることを確認したという。

 3社は今回の技術を活用することで、物流倉庫における現場レイアウト設計の最適化や人員配置の適正化などを行うことができ、業務の効率化が期待できるとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

PALプレスリリース
https://www.pal-style.co.jp/news/20210615_768.html


▼ 会社概要
PALは、物流に関するDXコンサルティング、IT物流オペレーション、人材ソリューションなどを提供している。

社名:株式会社PAL
代表取締役:辻 有吾
所在地:大阪市西区新町1丁目4番26号 四ツ橋グランドビル2階


▼ 会社概要
東急不動産は総合不動産会社で、東急グループの1社。物流施設は、開発中の物件も含め9件展開している。

社名:東急不動産株式会社
代表取締役:岡田 正志
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ


▼ 会社概要
NTT東日本は、東日本地域の電気通信業務などを行っている。ローカル5Gオープンラボは、NTT東日本と東京大学が連携し、東京大学本郷キャンパスとNTT中央研修センタに設立した。

社名:東日本電信電話株式会社
代表取締役:井上 福造
所在地:東京都新宿区西新宿3-19-2

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。