• DIGITALIST
  • Trends
  • IHIがIoTデバイスによる長大吊橋モニタリングシステムの運用を開始、社会インフラの効率的なモニタリングを実現
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2022.08.16

IHIがIoTデバイスによる長大吊橋モニタリングシステムの運用を開始、社会インフラの効率的なモニタリングを実現

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① 「smartNeji」を用いた世界初となる長大吊橋モニタリングシステムの運用を開始
② 「L/R neji」に締付力や加速度を検知する各種センサと、通信モジュールを搭載
③ 地震発生時の前後のモニタリングデータから、橋の挙動や損傷度合いなどを即座に推定

床組み固定装置にマルチセンシングIoTデバイスを使用

 IHIとIHIインフラシステム(IIS)が、NejiLawとともに「smartNeji」を用いた世界初となる長大吊橋モニタリングシステムの運用を開始したと、8月10日に発表している。

 「smartNeji」はNejiLawが独自開発したマルチセンシングIoTデバイス(ボルト)で、緩まないネジ「L/R neji」に締付力や加速度を検知する各種センサと、通信モジュールを搭載している。

 今回、関門橋の床組み固定装置に使用されていたボルトを、同IoTボルトにすることで日常的に締付力を自動検出し、地震発生時の前後のモニタリングデータから、橋の挙動や損傷度合いなどを即座に推定できるようになった。



締付力の管理が重要になるボルト全般に適用範囲を拡大へ

 日本国内では社会インフラの老朽化と、労働人口の減少により,インフラを効率的に維持・管理する手法の確立が喫緊の課題となっている。

 その一方で、橋梁などの社会インフラはモニタリングによる適切な維持・管理を行うことで、耐用年数を延ばすことができる。

 IHIなどはこれらを踏まえ今後、同IoTボルトを点検の実施が難しく、締付力の管理が重要になるボルト全般に適用範囲を広げることで、持続可能社会の実現に寄与していく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

IHI プレスリリース
https://www.ihi.co.jp/

IHIのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000089117.html

▼ 会社概要
IHIは経営理念に「技術をもって社会の発展に貢献する」を掲げ、ものづくり技術を中核とするエンジニアリング力で、世界的なエネルギー需要の増加や、都市化と産業化、移動・輸送の効率化など、社会課題の解決に寄与している。

会社名: 株式会社IHI
代表取締役社長:井手 博
本社所在地:東京都江東区豊洲三丁目1-1 豊洲IHIビル

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。