• DIGITALIST
  • Trends
  • NTTネクシア、石狩市民の利便性向上と行政運営の効率化にチャットボットを導入
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.03.16

NTTネクシア、石狩市民の利便性向上と行政運営の効率化にチャットボットを導入

お気に入り

24時間365日「住民票や戸籍の手続き」などが可能に

 NTTネクシアが北海道石狩市民の利便性向上と行政運営の効率化にチャットボットを導入したと、3月15日に発表している。

 NTTネクシアは市民サービスの改善に向けて北海道石狩市と連携、LINEとウェブ上で使用できるチャットボットを導入した。

 これにより、24時間365日「住民票や戸籍の手続き」や「ごみの分別案内」などへの対応ができるほか、市内の新型コロナワクチン接種に関する情報の発信も可能となる。



市民へ情報を迅速に届ける「オンライン市役所」を目指す

 石狩市は「行政事務デジタル化・オンライン化事業」を推進しており、その事業の一環として今回のチャットボットが導入された。

 「いつでも どこでも いしかりオンライン市役所」を目指して、部署を横断したプロジェクトチームを設置し、各課へのヒアリングなどを行い、市民のニーズに応えられ、市職員の業務負担軽減ができるメニューを選定している。

 「話して」や「地名」などを入力することで、簡単な雑談も可能なほか、4月1日からは同チャットボットで、市道の破損などの情報を通報できる「道路通報」も運用開始する予定となっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NTTネクシア プレスリリース
https://www.ntt-nexia.co.jp/

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。