• DIGITALIST
  • Trends
  • 電波不感地帯での野生動物の検出とデータ送信に成功 古河電工
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.03.13

電波不感地帯での野生動物の検出とデータ送信に成功 古河電工

お気に入り

電波不感地帯での獣害対策に挑む

 古河電工は3月11日、電波不感地帯で野生動物をカメラで捉え、富山市のプラットフォームでデータを検出することに成功したと発表した。



 富山市では2019年度から、ICTを活用したスマートシティの実現に向け、省電力広域エリア無線通信技術(LoRaWAN)で構築したプラットフォーム利活用の実証実験を行っている。

 同社は初年度からこの実証実験に参画。電波不感地帯における農作物の獣害対策として、野生動物を検出・識別し、プラットフォームを活用して検出データを地域住民に通知する仕組みを構築しようとしている。

独立電源型無線中継器を利用

 今回の実証では、LoRaWANの電波圏内にソーラー電源と無線中継器を搭載したLED街灯を設置し、LoRaWAN電波圏外の休耕地との間で、電波による通信を可能にした。また、この休耕地には、LoRaデバイスとソーラー電源搭載のカメラシステムを設置した。

 これにより、電波不感地帯で野生イノシシをカメラで捉え、検出データを富山市センサーネットワークに送信することに成功したという。

 同社は今後、野生動物を識別できるAI搭載カメラを開発し、その識別結果も無線送信できるよう検証をすすめるとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

古河電工 ニュースリリース
https://www.furukawa.co.jp/release/2021/kei_20210311.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。