• DIGITALIST
  • Trends
  • 赤外線カメラ搭載ドローンでイノシシ追跡撮影に成功 イノシシ被害対策の実証実験
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 2021.02.09

赤外線カメラ搭載ドローンでイノシシ追跡撮影に成功 イノシシ被害対策の実証実験

お気に入り

イノシシ被害対策にデジタルテクノロジーを活用

 鳥獣被害対策事業を行うDMM Agri Innovationは2月5日、デジタルを活用した鳥獣被害対策の実証実験を開始し、赤外線カメラ搭載ドローンによるイノシシ追跡撮影に成功したと発表した。

 

 この実証実験は、広島県が公募した実証プロジェクト「公園内(広島県立びんご運動公園)のイノシシ被害軽減のための獣害対策支援業務」として開始された。

 広島県立びんご運動公園では、イノシシの出没による掘り返しなどの被害が頻発していた。そこで、DMM Agri Innovation、アポロ販売、CEFIC研究所(岡山理科大学・吉川教授)の3者は、イノシシによる被害軽減を目的に、共同で実験を開始した。

2日連続でイノシシ撮影に成功

 3者は、環境省の植生マップなどの従来データを基に痕跡調査を実施。さらに、ドローン空撮による最新植生マップも作成し、イノシシの生態を把握した。

 これらのデータから、赤外線カメラを搭載したドローンでイノシシの追跡撮影を行った結果、2日連続でイノシシ撮影に成功したという。

 この映像の解析や糞の分析などについては、現在、CEFIC研究所にて検査が行われている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

DMM Agri Innovation プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003710.000002581.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。