• DIGITALIST
  • Trends
  • Splinkは「Brain Life Imaging」が中国地方に初導入を発表 脳MRI・MRA検査や脳ドックに新コース追加
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2022.09.24

Splinkは「Brain Life Imaging」が中国地方に初導入を発表 脳MRI・MRA検査や脳ドックに新コース追加

お気に入り

▼ニュースのポイント
①Splinkは自社の「Brain Life Imaging」が、岡山県倉敷市に位置する大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院付属予防医療プラザに導入されたことを発表。
②Brain Life Imagingは、脳ドック用のAIプログラムである。
③このプログラムの導入は、中国地方では今回が初めてである。

倉敷市に初導入

 9月21日、Splinkは自社が開発から提供までを手掛ける「Brain Life Imaging」が、岡山県倉敷市に位置する大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院付属予防医療プラザに導入されたことを発表した。

 Brain Life Imagingは、脳ドック用のAIプログラムである。



AIが海馬の体積を測定

 一般的な脳ドックは、腫瘍や脳梗塞、脳動脈瘤などを検査するものであるが、Brain Life Imagingでは、海馬を解析。

 海馬は小さいため目視での確認が難しいとされているが、頭部MRIの撮影画像からAIが海馬の体積を測定する。

 人間の脳は、加齢はもちろん、さまざまなストレスの影響によって、認知機能が低下することが知られている。

 認知機能の変化が現れる10年以上前から、脳の萎縮が始まるという説もある。

 Brain Life Imagingは、頭部MRI画像をAIが解析することによって、脳の状態を測定する。

 測定した脳の状態を同世代と比較し、レポートを作成。記憶力のキープや予防習慣のアドバイスも提供してくれる。

中国地方で初めて

 今回、大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院付属予防医療プラザにBrain Life Imagingが導入された。このプログラムの導入は、中国地方では今回が初めてである。

 同医療プラザでは、脳MRI・MRA検査や脳ドックのコースに、新たにBrain Life Imagingコースを追加する見通しだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Splink プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp


▼会社概要
ブレインヘルスケア事業や医療データ基盤事業を手掛ける企業。


会社名:株式会社Splink
代表:青山裕紀
所在地:東京都千代田区霞が関3丁目3-2 新霞が関ビル18階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。