• DIGITALIST
  • Trends
  • キリンホールディングス、新卒採用のエントリー動画選考でAIを活用する実証実験を実施
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 2021.03.06

キリンホールディングス、新卒採用のエントリー動画選考でAIを活用する実証実験を実施

お気に入り

応募者増加に合わせ業務プロセスの見直しへ

 キリンホールディングスは3月5日、2022年卒の新卒採用において、エントリー動画選考でAIを活用する実証実験を、HR TechスタートアップのZENKIGEN(ゼンキゲン)と共同で実施すると発表した。



 感染症の影響により、採用市場は今後もオンライン選考が続く見通しだが、オンライン選考で就職活動の幅が拡がり、応募者数は増加する見込みだ。

 これに合わせ、企業側の選考もこれまで以上に時間と手間がかかることが予想されるため、業務プロセスをデジタル技術で見直す必要が出てきた。

ZENKIGENの動画解析AIを活用

 そこで今回キリンホールディングスでは、事前許諾を得た応募者の動画を、ZENKIGENの動画解析AI「harutakaエントリーファインダー」で解析することとした。

 実証では、応募者の表情や声などをAIで定量化して指標のひとつとし、評価のブレを低減することで、評価精度を向上させることができるかを検証する。また、エントリーシートとエントリー動画選考にかける時間の約3割削減も目指す。

 同社では、これによって生じた時間で、応募者に対する選考時間を増やし、交流会など双方向のコミュニケーション機会の創出や選考機会の拡大を行うとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

キリンホールディングス ニュースリリース
https://www.kirinholdings.co.jp/news/2021/0305_01.pdf

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。