• DIGITALIST
  • Trends
  • ワントゥーテンがDXソリューション群を開発 未来の書店で出版と書店の共存を叶えることに貢献
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2022.05.04

ワントゥーテンがDXソリューション群を開発 未来の書店で出版と書店の共存を叶えることに貢献

お気に入り

▼ニュースのポイント
①ワントゥーテンは表情分析機能を搭載した、AIエージェントなどのDXソリューション群を開発した。
②このソリューション群は「超ダ・ヴィンチストア by KADOKAWA」のために開発されたものである。
③ユーザーの表情を読み取ってその時の気分に適した本を紹介したり、サイネージを活用したバーチャル空間で本を選んだりすることができるソリューション群を開発した。

未来の書店のために開発

 4月29日、ワントゥーテンは表情分析機能を搭載した、AIエージェントなどのDXソリューション群を開発したことを発表した。

 このソリューション群は未来の書店をコンセプトに据えた「超ダ・ヴィンチストア by KADOKAWA」のために開発されたもの。

 コミックを中心に電子書籍の市場規模は年々拡大しているが、実店舗の書店は減少傾向にある。

 そこでKADOKAWAは、出版と書店の共存を叶えるため、超ダ・ヴィンチストア by KADOKAWAを立ち上げた。

 この未来の書店はAIがユーザーへ本を紹介するというもので、「ニコニコ超会議2022」に出展された。

 ユーザーの表情を読み取ってその時の気分に適した本を紹介したり、サイネージを活用したバーチャル空間で本を選んだりすることができる。



表情分析機能を搭載したAIエージェント

 今回、ワントゥーテンは超ダ・ヴィンチストアのために、表情分析機能を搭載したAIエージェントや、リアルタイムで陳列内容が変わるデジタルサイネージ書棚、プロジェクションマッピング演出などを開発。

 AIエージェント「ナツネイタ― Powered by Akinator」は、本の内容をあらかじめAIが解析しておき、ユーザーの表情解析や会話内容から、ユーザーに適した本を提案する。

 ワントゥーテンが開発したソリューション群は、来店動機を高めることに貢献するだけでなく、即時性や省力化などで書店におけるDXを促進させるのではないかと期待が寄せられている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ワントゥーテン プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp


▼会社概要
クリエイティブとテクノロジーを掛け合わせ、社会課題の解決に貢献する企業。

XRやAIに注力しており、プラットフォームやソリューション、独自コンテンツの提供などを行っている。


会社名:株式会社ワントゥーテン
代表:澤邊芳明
所在地:京都市下京区烏丸通四条下ル 水銀屋町620番地COCON烏丸4階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。