• DIGITALIST
  • Trends
  • ミライ菜園が「SCIBAI」の活用をおすすめ 病害虫を自動で診断し野菜を長く収穫できる
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.07.24

ミライ菜園が「SCIBAI」の活用をおすすめ 病害虫を自動で診断し野菜を長く収穫できる

お気に入り

▼ニュースのポイント
①SCIBAIは野菜の栽培支援アプリであり、無料でダウンロードすることができる。
②病害虫を自動で診断してくれるAIを搭載しており、野菜の不調を相談することができるSNSも利用可能。
③収穫した野菜の料理レシピや栽培の様子を投稿して楽しむユーザーもいる。

自動で病害虫を診断

 7月21日、ミライ菜園は栽培支援アプリ「SCIBAI」を活用して、野菜の元気を維持するための病害虫対策を提案した。

 長かった梅雨が終わり、いよいよ夏本番。野菜が夏の日差しを受けて、ぐんぐん成長するシーズンがやってきた。

 野菜の成長が早い季節ではあるものの、野菜の病気や害虫の活動も活発化する季節でもある。

 そのため、野菜の元気を維持して収穫期間を長くするためには、病害虫への対処が重要なのである。



初心者の心強いサポーター

 SCIBAIは野菜の栽培支援アプリであり、無料でダウンロードすることができる。

 病害虫を自動で診断してくれるAIを搭載しており、野菜の不調を相談することができるSNSも利用可能。収穫した野菜の料理レシピや栽培の様子を投稿して楽しむユーザーもいる。

 タキイ種苗が実施した「2020年度 野菜と家庭菜園に関する調査」によると、なんと野菜栽培において約80%の人が失敗を経験していることが明らかになった。

 その失敗の中でも、病害虫被害が原因のものが約50%を占めていることが判明。

 肥料の間違いや水やりの失敗で野菜が枯れてしまうこともあり、経験やノウハウがない初心者は特に失敗が多い。

 そんな時にSCIBAIを活用すれば、病害虫を自動で診断できるため、適切な対処を行うことができる。

 栽培SNSでベテランユーザーの栽培の様子をチェックしたり、コツを相談したりすることで、野菜栽培未経験者や初心者でも心強いサポーターを得たような気持ちで野菜栽培を楽しむことができるだろう。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ミライ菜園 プレスリリース
https://www.mirai-scien.com/

▼会社概要
病害虫AI診断サービスの開発を手掛ける企業。

会社名:株式会社ミライ菜園
代表取締役:畠山友史
所在地:愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60番地12号 グローバルゲート11F



関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。