• DIGITALIST
  • Trends
  • アサヒが「エリアポテンシャル・サーチ」を活用し、売り場提案の強化を実施 1店舗当たりの経営効率向上を目指す
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2022.03.29

アサヒが「エリアポテンシャル・サーチ」を活用し、売り場提案の強化を実施 1店舗当たりの経営効率向上を目指す

お気に入り

▼ニュースのポイント
①アサヒはインテージが提供する「エリアポテンシャル・サーチ」を活用した売り場提案の強化をスタートした。
②食品業界において同システムを活用するのは、同社が初めてである。
③人口動態の変化、店舗や商圏の特徴をAIが解析する、エリアポテンシャル・サーチを活用し、1店舗当たりにおける経営効率の向上を目指す。

小売店の生き残りのために

 3月25日、アサヒはインテージが提供する「エリアポテンシャル・サーチ」を活用した売り場提案の強化をスタートした。

 小売業界は現在、「狭小商圏化」が加速している。狭小商圏化とは、1店舗当たりの商圏人口と商圏距離が共に減少することを指す。

 狭小商圏化が加速することにより、狭小商圏内におけるユーザーの獲得が重要になり、1店舗当たりの経営効率を向上させなくてはならない。

 そこで同社は、人口動態の変化、店舗や商圏の特徴をAIが解析する、エリアポテンシャル・サーチの活用を決定した。

 食品業界において同システムを活用するのは、同社が初めてである。



エリアポテンシャル・サーチとは

 近年、ユーザーの生活スタイルや価値観の変化により、小売店舗でも商品構成や品ぞろえの差別化が重要になってきている。

 このような状況に対応すべく、インテージとNTTドコモがタッグを組み、全国のスーパーマーケットやドラッグストアなどの店舗ごとに、商品カテゴリー別で販売が期待される「理論値」を割り出すためにエリアポテンシャル・サーチを開発した。

 同システムを活用することにより、商圏や店舗に適した商品構成を実現することができ、効率的に他店舗と差別化した売り場づくりを可能にする。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アサヒ プレスリリース
https://www.asahiinryo.co.jp/


▼会社概要
飲料水の製造から販売、自動販売機のオペレートなどを行う企業。


会社名:アサヒ飲料株式会社
代表:米女 太一
所在地:東京都墨田区吾妻橋1丁目23番1号

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。