• DIGITALIST
  • Trends
  • JDSCが「AI活用による不在配送問題の解消」のフィールド実証実験を実施
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.03.28

JDSCが「AI活用による不在配送問題の解消」のフィールド実証実験を実施

お気に入り

AIと電力データの活用で不在配送をおよそ20%減少

 JDSCが佐川急便、東京大学大学院 越塚登研究室・田中謙司研究室、横須賀市、グリッドデータバンク・ラボ 有限責任事業組合と共同で、「AI活用による不在配送問題の解消」に向けたフィールド実証実験を実施、その結果不在配送をおよそ20%減少させられたと、3月26日に発表している。

 JDSCをはじめとした5者は昨年の10月から12月にかけて、横須賀市の150世帯を対象に「AI活用による不在配送問題の解消」に向けた世界初となるフィールド実証実験を実施した。

 JDSCのAIを用いた電力データ解析・活用技術を用いて、東大越塚研究室、田中研究室と連携により、AIが配送ルートを示すシステムを開発。電力データを基に在宅・不在を解析して、配送ルートを作成、佐川急便の配送実績データでシミュレーションを行った結果、不在配達の削減だけでなく、総配達時間の短縮にも寄与することが分かった。



さまざまなドライバーで配送を実施、同様な結果を確認

 同システムを活用して昨年の10月から12月にかけて実施した「AI活用による不在配送問題の解消」のフィールド実証実験では、その地域の担当ドライバーや代走ドライバーなど、さまざまなドライバーで配送を行ったが、各ドライバーで不在率の削減効果の差は見られず、それぞれ同様の結果が確認できた。

 一方で、「最短距離ルート」ではなく「不在宅を回避したルート」をとる形での配送となるため、総走行距離と稼働時間は増加傾向になることも分かっている。

 JDSCは今後、さらなる改善を目指して今年中に再度実証実験を行い、上走行距離と稼働時間を同等に抑えつつ、不在率の削減を目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

JDSC プレスリリース
https://jdsc.ai/news/news-802/

JDSCのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000040467.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。