• DIGITALIST
  • Trends
  • 損保ジャパンがイスラエルのプランク社と協業 AIを活用した自動引受プラットフォームの開発へ
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.08.19

損保ジャパンがイスラエルのプランク社と協業 AIを活用した自動引受プラットフォームの開発へ

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①損害保険ジャパンとSOMPOリスクマネジメントがイスラエルのプランク社と協業。
②プランク社は、AI技術を活用した自動引受プラットフォームを開発している。
③プランク社との協業により自動引受プラットフォームを構築し、個々の企業に応じた保険商品の提案や、保険募集の効率化を行う。

オンライン上のあらゆるデータを収集・分析

 損害保険ジャパンとSOMPOリスクマネジメントは8月17日、イスラエルのプランク社(Planck Resolution Ltd)と協業し、最先端AI技術を活用した中小企業向けリスク分析ソリューションを共同開発・運用すると発表した。



 プランク社は、オンライン上にある画像、テキスト、ビデオ、ユーザーコメントなどのデータを自動で収集・分析し、個々の企業のリスク情報を推定するAI技術を開発している。このAI技術を活用し、米国やドイツの大手保険会社向けに、自動で保険の引受ができるプラットフォームを提供している。

個々の企業に応じた保険商品の提案へ

 近年は、自然災害や新型コロナウイルス感染症拡大など、企業を取り巻くリスクが急変していることから、リスクに応じた補償への企業ニーズが高まっている。

 このため損害保険ジャパンでも、リスク情報の収集・分析や保険引受などにAIを活用しようと、プランク社と協業することとした。

 これにより、中小企業のリスクを詳細に分析するプラットフォームを構築し、個々の企業に応じた保険商品やリスクソリューションサービスを提案する。また、保険加入がシンプルで簡単になる仕組みを構築し、保険募集を効率化するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

損保ジャパン・SOMPOリスクマネジメント・プランク社 ニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/


▼ 会社概要
プランク社は、保険引受のためのAIベースのデータプラットフォームを提供している。

社名::Planck Resolution Ltd
代表取締役::Elad Tsur
所在地:HaShaked 25 Zikhron Yaacov, Israel


▼ 会社概要
損害保険ジャパンはSOMPOホールディングスの中枢を担う企業で、損害保険事業を行っている。

社名:損害保険ジャパン株式会社
代表取締役:西澤 敬二
所在地:東京都新宿区西新宿1-26-1


▼ 会社概要
SOMPOリスクマネジメントは、アナリティクス事業、リスクマネジメント事業、サイバーセキュリティ事業を行っている。

社名:SOMPOリスクマネジメント株式会社
代表取締役:桜井 淳一
所在地:東京都新宿区西新宿一丁目24番1号 エステック情報ビル27階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。