• DIGITALIST
  • Trends
  • ビル・商業施設の管理業務を省人化する「スマートビルディングシステム」、共同開発へ
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.02.20

ビル・商業施設の管理業務を省人化する「スマートビルディングシステム」、共同開発へ

お気に入り

OCR検針システム開発へ

 自動検針のノウハウを持つ大崎電気工業とAI・IoT技術を得意とするアシオットは、2月19日から共同で「スマートビルディングシステム」の開発に着手する。



 スマートビルディングシステムとは、ビルや商業施設における管理業務(メーター検針、防犯・防災、ビル管理法への対応など)を省人化できるシステムだ。

 両社はこの第一弾として、既存の機械式メーターをスマートメーターのように稼働できる「OCR検針システム」を開発し、年内に実証試験を開始する予定としている。

低コストで導入可、検針業務ゼロへ

 OCR検針システムは、既存の電気メーターや水道メーターにOCRデバイスを設置するだけ。低コストで簡単に導入できる。

 検針データは遠隔からインターネットで一括管理することができ、ビル管理者は現地を巡回する必要がなくなる。これにより、検針業務を削減できるだけでなく、誤検針や誤請求のリスクも軽減できる。

 また、遠隔管理により、ウィズコロナで求められる非対面や非接触、リモート化の実現にも寄与できる。

 両社はOCR検針システムの実証試験を年内に開始し、翌年には販売を開始する予定だ。また、この検針の通信網を活かし、入退室管理などのサービスも提供する予定という。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大崎電気工業 プレスリリース
https://www.osaki.co.jp/

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。