• DIGITALIST
  • Trends
  • NEC、顔認証の分析処理スピードを最大20倍高速化するAI技術を開発
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.05.08

NEC、顔認証の分析処理スピードを最大20倍高速化するAI技術を開発

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①NECが、データを取得しながら同時に高速・高精度に分析するAI技術を開発した。
②同技術では、必要なデータが得られた段階でデータ収集を打ち切るため、高速で分析することができる。
③同技術を顔認証などに適用すれば、処理速度の最大20倍に高速化することが期待できる。

データを取得しながら高速・高精度で判断

 NECは5月6日、データを取得しながら同時に高速・高精度で判断するAI技術を開発したと発表した。

 同技術を活用することで、顔認証やサイバー攻撃の検知・分析の処理スピードを従来より最大で20倍高速化することが期待できるとしている。



 顔認証やサイバー攻撃の検知・分析を行うAI分析では、一定量のデータをすべて取得してから分析して判断するのが一般的という。

 今回の技術では、すべてのデータ取得を待たずに、所望の信頼度(尤もらしさ)が得られたタイミングでデータ収集の打ち切りを判断する。このため、認証や検知・分析をこれまでより高速化することができる。

「早押しクイズ」の脳活動を応用

 同技術には、できるだけ速く正確に判断しなければいけない「早押しクイズ」のような際に見られる脳活動の知見が応用された。

 同社の機械学習の知見と最新の脳神経科学を融合することで、革新的なアルゴリズムが考案され、速度と精度を兼ね備えた技術を開発することができたという。

 同社では、今回の技術を、同社の生体認証の中核技術である顔認証AIエンジン「NeoFace」に搭載することを目指している。また、サイバー攻撃の検知・分析の速度・精度の向上などにも適用するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NECニュースリリース
https://jpn.nec.com/press/202105/20210506_03.html


▼ 会社概要
NECは、地方公共団体、医療機関、電力会社などにITシステムやネットワークシステムなどを提供する社会公共事業や、社会基盤事業のほか、ITソリューションの提供や、ネットワークサービス事業などを広く展開している。

社名:日本電気株式会社(英文: NEC Corporation)
代表取締役:森田隆之
所在地: 東京都港区芝五丁目7番1号

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。