• DIGITALIST
  • Trends
  • 「ConMas i‐Reporter」と「hakaru.ai byGMO」がAPI連携開始
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.01.25

「ConMas i‐Reporter」と「hakaru.ai byGMO」がAPI連携開始

お気に入り

数値の手入力作業が不要に

 1月21日、シムトップスは、自社が提供するConMas i‐ReporterとGMOグローバルサイン・ホールディングスが提供する「hakaru.ai byGMO」のAPI連携をスタートしたことを発表した。

 この連携により、製造現場やビルなどの管理現場でConMas i‐Reporterを使う際、メーターの数値をタブレットやスマートフォンのカメラで撮影すると入力完了できるようになった。



作業効率アップに貢献するのではないか

 シムトップスが提供するConMas i‐Reporterは、現場帳票ペーパーレスソリューション市場でトップの座に輝くサービスだ。

 このサービスを利用すると、「Excel」で作成した帳票をタブレットに取り込んで、電子帳票として入力や管理をすることができる。

 しかし、現場においてメーターの数値を入力するには、現場作業者が手入力しなければならなかった。

 GMOグローバルサイン・ホールディングスのhakaru.ai byGMOはAIを搭載しており、スマートフォンで撮影したメーターなどの数値を読み取り、台帳記入まで自動で行う。

 今回のAPI連携によって、数値の誤記入防止や作業工数の削減、帳票のペーパーレス化に寄与し、作業効率アップにつながるのではないかと大きな期待が寄せられている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

シムトップス社 プレスリリース
https://conmas.jp/news/2021/0121/

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。