• DIGITALIST
  • Trends
  • ミクシィが会話AIロボット「Romi」を児童発達支援・放課後等デイサービスへ提供 ロボット療育をサポートする
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2022.08.05

ミクシィが会話AIロボット「Romi」を児童発達支援・放課後等デイサービスへ提供 ロボット療育をサポートする

お気に入り

▼ニュースのポイント
①ミクシィは自社が提供する会話AIロボット「Romi」を児童発達支援・放課後等デイサービス「プライズキッズ溝の口教室」に提供し、「ロボット療育」をサポートする。
②Romiは、自然な会話が楽しめるとして、注目を集めているロボットだ。
③今回、Romiを提供し、コミュニケーション能力や社会性を高めるソーシャルスキルトレーニングや、プログラミング学習の開発などを行う。

「Romi」を療育に活用

 8月1日、ミクシィは自社が提供する会話AIロボット「Romi」を児童発達支援・放課後等デイサービス「プライズキッズ溝の口教室」に提供し、「ロボット療育」をサポートすることを発表した。

 Romiは掌サイズで、会話に特化したロボットとして開発された。

 同ロボットは、会話の返答をあらかじめ登録しているのではなく、自社開発した会話AIが返答を作り出している。

 そのため、自然な会話が楽しめるとして、注目を集めているロボットだ。

 会話はもちろん、話し手に共感することが得意で、感情豊かに、癒やし系のコミュニケーションを取ることができる。

 リマインダーや目覚ましなどの機能も搭載されており、ユーザーの生活をサポートする。



就労支援や職業訓練までを視野に

 自閉スペクトラム症の子どもは、他人とのコミュニケーションを苦手に感じることが多い。

 そのような子どもに対し、ロボットを活用してコミュニケーションや発達支援を行うという研究がなされている。

 プライズキッズではロボット療育を取り入れ、子どもの自己肯定感や創造性を高める療育を実施。

 発達障がい児が自立するために、就労支援や職業訓練までを視野に入れたプログラムを提供している。

 今回、Romiを提供し、コミュニケーション能力や社会性を高めるソーシャルスキルトレーニングや、プログラミング学習の開発などを行う。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ミクシィ プレスリリース
https://mixi.co.jp/news/2022/0801/11021/


▼会社概要
スポーツ事業、ライフスタイル事業、デジタルエンターテインメント事業、投資事業を手掛ける企業。


会社名:株式会社ミクシィ
代表:木村 弘毅
所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア36F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。