sansansansan
  • DIGITALIST
  • Trends
  • パイオニアの「Piomatix LBS API」が電脳交通の配車システムに採用 タクシードライバーの感覚に近いルートを選択可能に
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2022.12.02

パイオニアの「Piomatix LBS API」が電脳交通の配車システムに採用 タクシードライバーの感覚に近いルートを選択可能に

お気に入り

▼ニュースのポイント
①パイオニアの「Piomatix LBS API」が、電脳交通のクラウド型タクシー配車システムに選ばれた。
②電脳交通がこれまで使用していた経路探索APIは、最短距離を優先しており、タクシー運行に適さない道路を選ぶことがあった。
③Piomatix LBS APIのルート探索APIを配車システムに連携することによって、タクシードライバーの感覚に近いルートを選べるようになる。

タクシー運行に適した道路を選択できるように

 11月30日、パイオニアは自社が提供する「Piomatix LBS API」が、電脳交通のクラウド型タクシー配車システムに選ばれたことを発表した。

 Piomatix LBS APIは、モビリティAIプラットフォームサービスであり、今後は電脳交通のタクシー配車において、運行ルートの作成から、距離や所要時間の計算に「ルート探索API」機能が活用される。

 電脳交通がこれまで使用していた経路探索APIは、最短距離を優先しており、タクシー運行に適さない道路を選ぶことがあった。

 今回、パイオニアが提供するPiomatix LBS APIのルート探索APIを配車システムに連携することによって、タクシードライバーの感覚に近いルートを選べるようになる。



3つの大きな特長

 Piomatix LBS APIのルート探索API機能には、3つの大きな特長がある。

 1つ目は、同社は経路探索に関する特許を多数保有していることから、道路環境や利用状況に応じて最適なルートを案内することが可能なところ。Uターン回避や車両の横付けのしやすさなどまで考慮してルートを探索することができる。

 2つ目は、信号の有無や待ち時間まで計算し、到着時間を97.2%の精度で予測することができるところだ。

 3つ目は、業種や車種、エリアなどの業務特有の制約事項を考慮して、ルートを最適化するところである。ルートの算出条件を、細かく設定することが可能だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

パイオニア プレスリリース
https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/index/2705/


▼会社概要
NP事業やデータソリューション事業、市販事業、OEM事業、サウンド事業、光ストレージ事業などを手掛けている企業。


会社名:パイオニア株式会社
代表:矢原 史朗
所在地:東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコート

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。

公開終了のお知らせ

2024年1月24日以降に
ウェブサイトの公開を終了いたします