• DIGITALIST
  • Trends
  • カメラ画像から情報を読み取る「ラベル自動認識システム」の実証実験スタート
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 2021.05.06

カメラ画像から情報を読み取る「ラベル自動認識システム」の実証実験スタート

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①TRUST SMITHとADEKAが「ラベル自動認識システム」の実証実験を開始。
②ロット番号・品質保証期限・賞味期限などを記載した「ラベル」を自動認識。
③OCR・画像認識技術×食品管理技術・トラッキングシステムによる研究開発。

ラベルを取り扱うあらゆる現場に有効

 TRUST SMITHグループ傘下のSMITH & LOGISTICSは、TRUST SMITHとADEKAが「ラベル自動認識システム」の実証実験を開始したと4月30日に発表している。

 同システムは荷姿やラベルの位置、種類に関係なくアイテムをカメラが撮影するとラベル内の情報を自動で読み取る。現場の労働力不足の解消・作業コストの軽減・ヒューマンエラー防止が期待できる。



OCR(文字認識)と画像認識技術を活用

 ラベル自動認識システムは、ラベルに書かれた文字をデジタルデータ化するため、文字を入力する作業を人間の代わりにOCRが行う。さらに、コンピュータに大量のラベル画像を学習させ画像データを「ラベル」だと推測させる。

 同実証実験では、課題であった人為的な過誤による損失、作業効率の低下を踏まえ、ラベルなどを扱う現場の作業コスト削減や管理ミス予防につなげる。ダンボール・ドラム缶・紙袋などさまざまな荷姿やアイテムごとに種類や位置が違うラベルが対象。

 今後、ラベル自動認識システムはアイテムごとに仕分け作業を行う原料受け入れラインの開発を目指しており、ラベルを利用するあらゆる現場に必要な技術として、国内だけでなく海外での需要も見込んでいる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

SMITH & LOGISTICSのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000066955.html


▼ 会社概要
SMITH & LOGISTICSは、最先端の数理アルゴリズム・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下の企業。先端技術を活用した完全無人倉庫設立コンサルティングにより、建設から運用までワンストップ支援を行う。

社名:SMITH & LOGISTICS株式会社
代表取締役:渡辺琢真
所在地:東京都文京区本郷4丁目1-1 菊花ビル7F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。