• DIGITALIST
  • Trends
  • LINE、「LINE」を活用した新型コロナワクチン接種予約システムを自治体に提供
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.02.01

LINE、「LINE」を活用した新型コロナワクチン接種予約システムを自治体に提供

お気に入り

接種予約に関する課題解決と自治体職員の業務効率化

 LINEは1月28日、今後行われる新型コロナウイルスワクチンの接種について、LINEを活用した新型コロナウイルスワクチン接種予約システムを各自治体に提供すると発表した。



 現在、各自治体は新型コロナウイルスワクチン接種の準備に追われている。この状況下で想定されているのは、住民からのワクチン接種予約に関し、電話がつながりにくくなるなどのリソース不足による問題発生だ。

 そこでLINEでは、住民からの接種予約を「LINE」アプリで完結できるシステムを提供することとした。

自治体のLINE公式アカウントを利用

 同システムでは、自治体のLINE公式アカウントに接種券の券番号などを入力することで、ワクチン接種の会場や日時の予約・変更ができるようにするという。

 自治体の公式アカウントからは、新型コロナウイルスやワクチン関連情報へのアクセスと、よくある質問への回答も可能になるとしている。

 これにより、住民は24時間いつでも接種の予約・管理ができる。また、自治体職員は電話対応や手入力の時間を削減でき、業務を効率化することができる。

 このLINEを活用した接種予約システムは、全国約100自治体にて導入の決定や検討が行われているという。

さらなる効率化へ

 このほかLINEでは、電話対応を自動化できるLINE音声応対サービス「LINE AiCall」の活用や、接種会場での受付支援としてオンライン本人確認「LINE eKYC」の活用を提案している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

LINE プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002860.000001594.html


関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。