• DIGITALIST
  • Trends
  • 三菱電機インフォメーションシステムズとシンプレクスが実証実験を開始
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 2021.02.15

三菱電機インフォメーションシステムズとシンプレクスが実証実験を開始

お気に入り

情報流出を防ぐ

 2月8日、三菱電機インフォメーションシステムズとシンプレクスは、この2月から実証実験をスタートすることを発表した。

 この実験は、在宅勤務や在宅コンタクトセンターを対象にした不正検知AIソリューションである、「Deep Percept for remote work」を活用したものである。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、さまざまな企業でリモートワーク化が進んでいる。リモートワークは新しい働き方として定着しつつあるが、情報流出への対策が必要になるなど、新たな課題が出現しているのが現状だ。

 同ソリューションはそのような課題をクリアするために開発された。

 WEBカメラから得た情報をAIが分析し、情報の流出を未然に検知することができる。



のぞき見を検知

 Deep Percept for remote workにはAIを搭載しており、従業員や第三者による個人情報の盗撮を検知。それだけでなく、端末を使用している人物が本人であるか否かを自動認証し、第三者がのぞき見をするとすぐに検知する。

 管理者は異常検知に関する制御アクションをリモートで設定することが可能。

 きめ細やかな設定が可能であり、従業員のプライバシーを考慮しつつ、業務をモニタリングすることができる。

 今回の実証実験は、金融機関におけるコンタクトセンター業務を想定して実施される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三菱電機インフォメーションシステムズ プレスリリース
https://www.mdis.co.jp/news/press/2021_0208.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。