• DIGITALIST
  • Trends
  • 「Automower」を活用した芝生管理サービスの専用WEBサイトをオープン
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 2021.06.02

「Automower」を活用した芝生管理サービスの専用WEBサイトをオープン

お気に入り

▼ニュースのポイント
①西武造園、その子会社の西武緑化管理、横浜緑地はロボット芝刈り機「Automower」の正規販売代理店。
②4月にAutomowerを活用した芝生管理サービスの専用WEBサイトをオープン。
③WEBサイトオープンにより、WEBからの問い合わせがしやすくなった。

専用WEBサイトをオープン

 5月28日、西武造園は子会社である西武緑化管理が、ハスクバーナ・ゼノアの「Automower」を活用した芝生管理サービスの専用WEBサイトを4月にオープンしたことを発表した。

 Automowerはハスクバーナ・ゼノアが提供するロボット芝刈り機だ。

 このロボットは全自動で芝を刈ることが可能で、スマートフォンで遠隔操作することもできる。トラブルが発生した場合は、アラームで通知される。

 充電がなくなれば、ステーションへ戻って自動で充電する。不快な動作音がないところも大きな特徴のひとつで、夜間でも稼働させることが可能だ。

 傾斜がある場所、雑草地、ソーラーパネルの下などの草刈りにも対応している。



納入事例や導入の流れなどまで知ることができる

 西武造園、その子会社の西武緑化管理、横浜緑地はAutomowerの正規販売代理店であり、同ロボットを活用した芝生管理サービスを提供している。

 今回オープンを発表した、Automowerを活用した芝生管理サービスの専用WEBサイトでは、Automowerの特徴や性能、活用できる場所などを紹介。

 どのような施設や企業で導入されているか、納入事例や導入の流れなどまで詳しく知ることができる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

西武造園 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp


▼会社概要
「緑の総合プロデュース」を行う企業。人と緑の豊かな暮らしをサポートする。

計画から設計、管理、施工、運営、企画や広報までをワンストップで行い、緑の空間を丁寧に造り出す。


会社名:西武造園株式会社
代表取締役社長:大嶋 聡
本社所在地:東京都豊島区長崎5丁目1番34号 東長崎西武ビル2階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。